ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海都編「祭祀殿の転移装置を発見しろ!」

P1004494.jpg


ドリス
「元老院でお姫様から色々話を聞いている時に
 クジュラさんからの緊急連絡がありました。」




P1004495.jpg


P1004496.jpg


P1004497.jpg


カリバー
「深都編を知っているからこそすればだが、
 次の動きは転送装置だね。」


クイン
「深都編の時はカリバー殿とドリス殿が刺客だったのですが、
 海都編では深王自らが乗り込んでくるようですね。」


カリバー
「すると、やはり海都編のラスボスは深王とオランピアかな。」



P1004500.jpg


P1004501.jpg


P1004504.jpg


ドリス
「私達が刺客の時より最悪よ・・・
 実の兄と妹が戦うことになるのよ・・・
 なんとしても止めないと!」


カリバー
「OKでは、第四階層の転移装置までれっつゴーだ!

 なお、ボス到達時点でクインさんにはパーティーを外れてもらう。
 そこからオレとドリスの二人旅でゲームを進行するので、よろしく



魅惑
「おー、コレで邪魔ものはいなくなるぞ」


クイン
「自分で言った手前しょうがありません。
 従いましょう。」



P1004506.jpg


P1004507.jpg


カリバー
「転移装置に行く前に深都に寄ってみたら
 フラグ立てに成功した。
 オランピアからもアイテムをもらうことができた。」


クイン
「これで深都・海都の両方でフラグが立ったことになりますね。」


ドリス
「すると、やはり深都到着時の選択肢が重要だったということね。

 【どちらの選択肢もYESにする】

 これが真のエンディングを見るために必要な条件のようです。」


カリバー
「まあ、そこからあそこに行く必要があるんだけど
 それは海都編ではなしにしよう。」



P1004510.jpg


カリバー
「というわけで、すっとばしてボスの前まで来た。
 クインさんはすでにお留守番だ。

 じゃあドリス、ここからは二人旅だが気合いれていけよ。」


ドリス
「これでも深都編第五階層を突破したのよ。
 あなたよりも気合があると思うわ。」


カリバー
「いい返事だ。
 では行くぞ!」



P1004511.jpg


P1004512_20100509102341.jpg


P1004513_20100509102340.jpg


カリバー
「先にオレのステータスとスキルを公開しておく。
 まあ、普通に必殺陣形を使っての我流の剣術戦法だ。

 装備については、深都編では第四階層終了直後に離脱したため
 調整の必要なく、そのまま戦えるはずだ。」


ドリス
「私のステータスは後で公開します。
 ボスの攻撃にあわせてスキルを変えないといけなくなりそうですので。」



P1004518_20100509103445.jpg


P1004519_20100509103445.jpg


P1004520.jpg


P1004521.jpg


P1004522.jpg


P1004525_20100509103743.jpg


P1004526_20100509103929.jpg


P1004528.jpg


カリバー
「と、こんな感じでやりとりがあって
 オランピアがボスを召喚して戦闘開始だ。」


ドリス
「名前はキリン。
 深都の時といい、微妙に和風が入ってるわよね、このゲーム。」



P1004532_20100509104650.jpg


P1004533_20100509104650.jpg


P1004536.jpg


カリバー
「さてボス戦だが、気をつける攻撃その1が【報いの炎】。

 最初のターンと5×nターンごとに使ってくるようだが、
 最初は1桁ダメージだったのが、じょじょにダメージがあがってきている。

 これが終盤になるとけっこー即死ダメージっぽくなってくるので
 対策が必要だ。」


ドリス
「私はサブスキルでファランクスを持っていますので
 ファイアガードしてしまうのが一番簡単です。」



P1004531_20100509105307.jpg


カリバー
「するとドリスが気をつけるべき攻撃はこれ。
 テイルボンテージという攻撃は腕縛りをしてくる。
 盾技は腕縛りされると使えないから、テリアカαは大量にもっておいたほうがいいかな。」



P1004539.jpg


P1004540_20100509105445.jpg


カリバー
「縛りというと、このボスはやたら縛りをしてくる。
 とくに後半になってくる、この連携がやばい。」


ドリス
「帝王の誇りという攻撃でこちらを複数個所縛ってきます。
 その次のターンに神罰という攻撃をしてくるのですが、
 この攻撃は縛られている箇所が多いほどダメージ上がるようです。



カリバー
「なので、縛られたと思ったら次のターンには即解除しないと
 この神罰という攻撃で即死ダメージを喰らってしまう。」



P1004542.jpg


ドリス
「私がプリンセスのクイックオーダーを使えますので
 神罰が来るより先にテリアカαで解除が可能です。

 こっちの対策はできたとして、問題はやはり【報いの炎】です。
 40ターンを超えるとファイアガードしてもばかにならないダメージになってきました。」




P1004553.jpg


ドリス
「そこで、元々レベル高い状態で検証してたので
 本気で戦う前に休養してスキルの振りなおしをしておきました。

 ファイアガード10あれば完璧なのでしょうが、8にしかできませんでした。」


カリバー
「どっちかというと、第五階層のボス戦でファイアガードが使えなかったら
 全くの無駄になるから、またスキル振りなおしとか考えると
 難しいところなんだけどね・・・」




P1004543.jpg


P1004544.jpg


P1004545.jpg


カリバー
「そんなわけで60ターンを超える長丁場になったが
 丁寧に戦っていけば勝てない敵ではない。」



P1004547_20100509111333.jpg


P1004548_20100509111333.jpg


P1004550.jpg


ドリス
「オランピアさんは撤退しましたが、
 これ転移装置の方に撤退したのよね・・・

 深王さんはすでに転移装置から白亜の森にいったと思うし。」


カリバー
「かもしれないな。

 あと、海都ルートでも【月の鍵】はちゃんと入ったので
 地下10階の断罪の間にもいけるようになった。」


ドリス
「この後いくの?」


カリバー
「確認しておきたいところだけどねえ・・・
 どうしようかな。

 後の楽しみにしておきたいというのもあるんだけど・・・」


魅惑
「わーー!」


ドリス
「びっくりした・・・
 どうしたの魅惑ちゃん・・・急に。」


魅惑
「ボス戦で全くわらわの出番がなかったー!」


カリバー
「そりゃあしょうがないだろ・・・
 毒アゲハの毒は一回しか効かない。
 フクロウの睡眠は効かないこともないが
 雑魚戦ほど効かないから頼れない。

 使えそうなのは敵の防御力を下げる【ドラミング】だが
 アタッカーのオレは常に攻撃したいから
 やってる暇がない・・・」


魅惑
「うう・・・それでは、わらわは役立たずではないか・・・」


魅惑、大粒の涙をぼろぼろ。


カリバー
「そんなことは無いよ。
 この後の第五階層で、お前の能力が発揮されるだろうさ。」


魅惑
「本当か?」


カリバー
「たぶんな。」


魅惑
「わかった・・・ぐすん・・・」


ドリス
「やれやれね・・・
 とにかく、第四階層はこれでおしまい。
 一旦戻りましょう。」



P1004555.jpg


P1004556_20100509112222.jpg


ドリス
「というわけでミッション報告をしてきました。

 元老院のおばあさん・・・確かに100年も生きて
 悲劇の結末じゃあんまりだわ・・・

 けど深都編でそうだったように、海都編の最後も悲劇になっちゃうようね。」


カリバー
「見たくない気持ちはわかるが
 タイムマシンで戻ればいいんだ。
 我慢してくれよ。」


魅惑
「・・・・・・」


スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 11:26:41|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<海都編「不凋花アマラントスを探せ!」 | ホーム | 海都編「姫を狙う深都の王を見つけ出せ!」(前編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/634-e390391b

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。