FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

海都編「姫を狙う深都の王を見つけ出せ!」(前編)

P1004567_20100509114813.jpg


P1004571.jpg


ドリス
「海都編最終ミッションが発令されました。
 言うまでもなく白亜の森に侵入した深王さんとオランピアさんを止めることです。」


カリバー
「止めるといっても戦うのはわかりきってるからな、
 さっさと20階まで行くぞ。」


ドリス
「クインさんと私が二人旅で第五階層に挑んだときは
 全然敵を倒せなくて大苦戦でしたが、
 今回はカリバーと組みます。
 
 果たしてどうなるやら・・・」


魅惑
「わらわもいるぞー!
 忘れてないだろうな!
 第四階層の最後でカリバーはわらわの
 【眠り粉】を解禁したのだ!

 当然、これを使っても問題なし!」


カリバー
「ということになるんだが、実際やってみると・・・」



P1004574_20100509120809.jpg


カリバー
眠り粉TUEEE!

 開幕でフクロウだせば、大概の敵は寝てしまう。
 しかもこれ、レベル5のフクロウだぜ?
 10とか出したら雑魚敵は何もできなくなるんじゃないの?」


魅惑
「うーん、強いのはいいんじゃが、
 カリバー的にはこういうのスキじゃないんじゃよな?」


ドリス
「私は助かるわ。
 魅惑ちゃんのおかげで、あんなに辛かった第五階層が
 嘘みたいに楽になってる。」



P1004577_20100509121315.jpg


P1004578_20100509121314.jpg


ドリス
「深都ではクジュラさんがカマキリのFOEをだしてましたが
 海都ではオランピアさんがカマキリを出してきます。」


カリバー
「あれだな、こいつらのサブスキルは多分ビーストキングなんだろう。

 クジュラ・・・ショーグン/ビーストキング
 オランピア・・アンドロ/ビーストキング

 みたいな。」


魅惑
「カリバーはパイレーツ/ビーストキング
 だものな。
 ビーストキングを使うものはみんな強いのじゃ!」


ドリス
「・・・なんか魅惑ちゃんが一生懸命な感じ・・・」



P1004583.jpg


カリバー
「これは第五階層探索中に元老院で会話した時のもの。
 なんと、あの外見が幼い姫と一歳違いらしい。」


ドリス
「えー!
 年いくつなの?本当に・・・
 というより、自分は老いていくのに、お姫様老いていかない。

 そういうのを見て生きてきたのよね・・・
 主従関係だけではない女同士の友情がなければ到底無理な話ね。


そういって魅惑を見るドリス。


魅惑
「な・・・なんじゃ・・・わらわを見つめて・・・」


ドリス
「いえ・・・一応私達も女同士だから、
 もっと仲良くできると思ってね。」


魅惑
「むむむ・・・わらわは敵の施しはうけぬ!」



そういってカリバーの後を追う魅惑。



P1004596.jpg


カリバー
「今回話が長いから道中の話はカットさせてもらった。

 まあ、はっきりいって【睡眠ゲー】だった。

 それで片付くぐらい楽だったから、本当に語ることなしだ。
 眠り粉なかったらなかったで、AGIが高いオレだと普通に逃げれるからな
 逃げまくって先に進めばいいだけだし。」


ドリス
「というわけで、20階の最後の扉のところまで到着しました。」



P1004599_20100509144049.jpg


P1004600_20100509144049.jpg


P1004601.jpg


P1004602_20100509144049.jpg


P1004603_20100509144049.jpg


P1004604.jpg


ドリス
「あの冷静な顔をした深王さんが
 ものすごく激高した表情を見せています。
 結局戦うことになってしまいました。」


カリバー
「わかりきったことだ。
 では、海都編ラストバトル開始!」



P1004605_20100509144159.jpg


カリバー
「深都編とは違い海都編は
 深王とオランピアが同時に攻撃してくる。

 これはまた辛そうだぞ・・・」


ドリス
「とりあえず基本戦法は【後列ディバイド】で行きます。
 カリバーがアタッカーで、私が後列からディバイドガードで
 カリバーを庇い続ける作戦です。」



P1004606_20100509144224.jpg


P1004607_20100509144224.jpg


カリバー
「まず最初にいきなり全滅を喰らったのが
 【禍雷】という攻撃。

 6ターン目になったら使ってきた攻撃だ。
 どうやら6×nターンごとに使ってくる。
 またオランピアとの連携攻撃のようで、
 すさまじいダメージの雷全体ランダム攻撃をしてくる。」



P1004612_20100509144301.jpg


ドリス
「耐雷ミスト一個だけじゃとても耐え切れませんでした。
 アクセサリをつけないとダメなようですが・・・」


カリバー
「覚悟していたが、ドリスを休養させ
 ショックガード10を覚えてこれで対抗することにした。

 まあ、一番普通の方法だと思う。」




P1004626.jpg


カリバー
「これで大丈夫かと思ったらそうならなかった。
 深王が【ブランディッシュ】という攻撃をしてくるのだが、
 これをディバイドガードで庇うドリスが喰らい続けることで
 たまに【腕縛り】になってしまう。

 盾技は腕を縛られると使えないが
 これが【禍雷】の来る前ターン腕縛りされる
 100%全滅という事態になってしまった



ドリス
「これは本当にどうすることもできませんでした。
 対策としては【禍雷】の来る前のターンで
 カリバーが腕縛りを見越してテリアカαを私に使うことです。」



P1004651_20100509144337.jpg


カリバー
「そしてこれが一番困った攻撃だ。
 深王はこちらが強化枠を使っていると
 【リベレイション】という攻撃を使ってくるようだ。

 これが即死に近いダメージを出してくる。
 オレを攻撃した場合は後列ディバイドでドリスが耐えてくれるが
 ドリスを直接狙った場合は問答無用で即死ダメージが来てしまった。



ドリス
「これにより、リミット技による陣形技がまず使えなくなってしまいました。」


カリバー
「それはとどのつまり、

 オレのメイン戦法が常時必殺陣形による我流の剣術戦法だったのが
 完全に封印されてしまったというわけだ。


 ジョリーロジャーを装備しているとはいえ、非力なオレが
 コスト0でダメージを叩きだせる戦法だったのに、
 これでダメージソースを奪われてしまうことになってしまった。」




P1004619_20100509144359.jpg


カリバー
「そうなったらもう防具を捨てるしかない。
 ディバイドガードで守ってもらっているから
 そもそも防具を装備する必要もないんだが、
 アクセでSTRを強化して単発のダメージをあげるしかなくなった。

 あとは、イーグルアイ。
 これは敵を弱くするスキルなのでリベレイションとは関係ない。

 これで何とか攻撃するしかないのだが、
 ものすごく時間がかかってしまうのは避けられなくなった。




P1004620_20100509144425.jpg


P1004621_20100509144425.jpg


ドリス
「私はディバイドガードを10にしたのと、
 パリィのスキルも覚えました。

 パリィは発動率は高くないのですが、それでもたまに物理ダメージを無効化してくれて
 結構役立ちます。」




P1004622_20100509144458.jpg


P1004623_20100509144458.jpg


カリバー
「リミット技も陣形が使えなくなったので見直しをした。
 ドリスはディバイドガード中に完全回復できる武息。

 オレはドリスが腕縛りされたときのリカバー用に決死の覚悟。」


ドリス
「私が腕縛りされた場合はディバイドガードが使えなくなるので
 必然的に防具を装備していないカリバーが
 通常攻撃で即死ダメージを喰らってしまいます。」





P1004641_20100509144638.jpg


カリバー
「そういう場合はこういう立ち回りをする。

 ・ドリスはアームガードを装備していること。
  これが無いと頻繁に腕縛りされて勝負にならない。
  (その代わり当然だけど防御力がかなり下がる)
 ・カリバーが「決死の覚悟」を使用済みであること。
 ・カリバーはリミットゲージが満タンであること。
 ・カリバーがテリアカαをドリスに使う
 ・ドリスはガードする。武息が使えるなら使っておく。
 ・深王がカリバーを攻撃した場合、カリバーは防具を装備してないから
  ほぼ即死するが、決死の覚悟によりHP1で生き残る。
 ・この場合、カリバーの行動は継続されるため、テリアカαをドリスに使用。
 ・そしてここが運だけど、オランピアが攻撃してこなかったらカリバーは生き残る。
  「冷たい視線」がくると、全滅確定。

 ・カリバーが生き残った場合、リミットが満タンなので次のターンですぐ使う。


 という感じだ。」


ドリス
「オランピアさんは深王の補助やフォートレスなどで自分の防御力をあげたりと
 攻撃をあまりしてきませんが、
 それでも体力が減ってくると【冷たい視線】という複数攻撃をしてきます。

 決死の覚悟で生き延びたカリバーはHPが1だから
 冷たい視線が来たらまず助かりません。」



P1004631.jpg


カリバー
「フォートレスについてだが、
 このスキルはオランピアが自分の防御力をあげてくる。
 さらにほうっておくと5ターン後に効果が切れるんだが
 その時にオランピアの体力が回復してしまう。

 こんなことされたらいつまで経っても倒せないので
 イーグルアイを使って打ち消すか、ラウダナムを使って消しておかないといけない。」




P1004632_20100509144755.jpg


P1004633_20100509144755.jpg



カリバー
「基本的な知識はこれぐらいだろうか。
 とにかく厳しい戦いだ。

 戦い方としてはオランピアのフォートレスをイーグルアイで消しつつ
 適度にドリスをメディカやアムリタで回復しつつ
 地道にオランピアから攻撃して倒すというもの。

 写真はイーグルアイがかかった状態でのクリティカルが出た時のものだ。
 クリティカルは1.5倍、イーグルアイは1.3倍として計算すると
 素のダメージは100~110くらいになる。」




P1004634.jpg


ドリス
「私はディバイドガードで攻撃を一手に引き受けるので
 とにかくメディカ2をたくさん使う戦いになります。
 20個では足りません。30個でもぎりぎりで、展開次第では切れます。
 途中武息を使ってメディカ2をケチっていくのも重要だったりします。」




P1004640_20100509145045.jpg


カリバー
「ドリスが腕縛りされることもそれなりにあるので
 そのたびに決死の覚悟を使って、文字通りの決死の体制建て直しを計る。」




P1004642_20100509145110.jpg


カリバー
「そんな地道な戦いと全滅を何度も何度も繰り返し
 初めてオランピアを撃破した時は84ターンもかかっていた」



ドリス
「安定しないのは全て「腕縛り」によるものです。
 禍雷をショックガードできなくて全滅というのが辛い・・・」


カリバー
「でも深王一人になったら
 あとは楽だろう・・・」


ドリス
「・・・と思っていたのよね。」



P1004647.jpg


カリバー
「突然、何かの攻撃でドリスが麻痺してしまい
 ディバイドガードが完全に機能しなくなってしまった。

 そしてディバイドが効かなくてオレが即死してしまった。」


ドリス
「マヒはグラプスアームという攻撃によるものでした。
 ただこれ、オランピアさんがいるときから使っているのに
 何で急にここでマヒするようになったのかしら・・・




P1004653_20100509145143.jpg


カリバー
「さらに長い時間とやり直しを繰り返して、またオランピアを撃破成功。
 そこから深王を攻撃し続けてここまで来たところで
 新しい攻撃が来た。」


ドリス
「バニッシュメントという攻撃で、深王さんの残り体力が
 赤ゲージになるまで減ってから使ってくるようです。

 これも非常にダメージが大きく、HPが200近くないと
 ディバイドしていて全部の攻撃を喰らうこともあって
 耐え切れません。」


カリバー
「なので、オレの攻撃の手が止まってしまい
 メディカ2でドリスをひたすら回復しなければならなくなった。」

 それでも武息を使った時などに攻撃のチャンスが来るので
 ここでがんばって攻撃しているんだが、いかんせん手数が少なすぎだ。
 完全に防戦にまわってしまった。」



P1004654.jpg


カリバー
「154ターンも戦ったところで、ドリスがマヒを喰らってしまい
 万事休す・・に。

 いちかばちかで魅惑を召喚して毒ダメージに賭けてみたが・・・」



P1004655_20100509145247.jpg


カリバー
「やはり毒は発動せず、156ターンも戦ったあげくに全滅してしまった・・・」


ドリス
「こ・・・これは辛いわ・・・
 ここまで来るのにものすごく大変だったのに・・・」


カリバー
「麻痺がきついのもそうだが、
 やはりオレに攻撃力が無さ過ぎるのが問題すぎるな。

 火力さえあればこの辛いバニッシュメントの来る前に倒しにいくなど
 とにかく短期決戦しないといけないのに・・・」


魅惑
「・・・」


魅惑、完全に沈黙。


ドリス
「魅惑ちゃんも惜しかったわね。
 もし毒があたってくれたら勝てたのにね・・・」


ドリス、魅惑をなぐさめようとするが、全く聞こえてないようだ。


カリバー
「さあーーーーーーーって困ったぞ。
 火力をあげる方法としてリベレイション覚悟でブレイバントとか使うだけど
 店に並んでないんだよな。

 どのモンスターが材料なのか調べないとだめか・・・」


ドリス
「それか、素直にレベルをあげるかになるわね・・・
 レベル55とか60とかあれば安定するんじゃない?」


カリバー
「そりゃあ面倒くさいよ。
 それにどっちかというとレベル50以下で倒したいところだ。」


ドリス
「ううむ、またあなたのこだわりね・・・
 そうしたら、150ターンの戦い覚悟で何度も挑むしかない?」


カリバー
「それは果てしない運ゲーだな・・・」



魅惑
「・・・・・・」



さきほどから黙っていた魅惑だが、
カリバー達が困り果てている姿を見て、ついにある決心をする!


スポンサーサイト



  1. 2010/05/09(日) 14:55:00|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<海都編「祭祀殿の転移装置を発見しろ!」 | ホーム | 海都編「姫を狙う深都の王を見つけ出せ!」(後編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/635-82d8c191

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search