ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海都編「姫を狙う深都の王を見つけ出せ!」(後編)

P1004655_20100509145247.jpg


ドリス
「海都編、最後の戦いに挑戦しています。
 相手は深王さんとオランピアさん。

 無茶苦茶強いです!
 強化枠が使えないなどの制限もいれられて大苦戦。

 それでもがんばって深王さんをあとちょっとの所まで追い詰めたのですが、
 156ターンも戦って全滅してしまいました。」


カリバー
「いやー、辛いねこれは。
 ちょっと手がなくなってきたわ。

 素直にレベルをあげるか、ブレイバントが店に並ぶように素材集めをするか。
 

 とはいえ、オレのやることが
 ・イーグルアイ
 ・ドリスのHP、TP回復
 ・自分のTP回復
 
 とあって、さらにここでブレイバントを使うとなると忙しすぎるな。
 効率があがるかわからんしなあ・・・」


ドリス
「いいところまではいってるから、何度もやってれば勝てるのかもしれないけど・・・」


カリバー
「火力不足が全ての元凶だなあ・・・」


クイン
「相当苦労されているようですね。」



ちくやらギルドで留守番をしているクインも心配しているようだった。


カリバー
「あああああ、どうしたものか・・・」





カリバー、頭をかきむしって悩んでいる。
その様子を見ている魅惑だったが・・・





クイン
「ん?何のようですか?」


魅惑、クインのそばに来て・・・



魅惑
「頼む・・・カリバーを助けてあげてくれ!」


クイン
「な・・・」


ドリス
「ええ・・・魅惑ちゃんがクインさんに頭を・・・下げた・・・」


魅惑
「そして、カリバーよ・・・
 もういいぞ、わらわに気を使わなくても・・・

 サブスキルを自由に・・・ボスに勝てる職業に変えてくれ。


カリバー
「・・・・・・」


クイン
「・・・いいんですか?
 私が参加して。」


魅惑
「頼む・・・わららはもう、カリバーが苦しむ姿を見たくないのじゃ・・・」



そういって、魅惑は外に飛び出してしまった。


カリバー
「・・・ふむ。」


ドリス
「カリバー!
 魅惑ちゃんの気持ち・・・汲んであげて?
 深王さんたちに勝てるサブスキルを考えて!」


クイン
「・・・しょうがないですね、
 では私が本当の護身というものを見せてあげましょう。」



ドリス
「クインさん!」


クイン
「ドリス殿、私が【例】を見せてあげましょう。」


カリバー
「・・・だな。
 正直、今回一番勝ちやすいのは、オレとクインさんが組むことだな。

 魅惑もああ見えてバカではない。
 深王との戦いを見てクインさん・・・あんたを指名したんだよ。」


クイン
「・・・でしょうね。
 今回の戦い、私が一番適役かもしれません。」


ドリス
「適役?
 どういうこと?」


クイン
「百聞は一見にしかず。

 サブスキルでファランクスを取ってきます。
 そしたら深王のところにいってみましょうか。」


カリバー
「ああ、ついでにオレもサブスキルを変えてくるわ。

 ドリス待ってろ。
 
 すぐに深王とオランピアを倒してきてやる。


ドリス
「ええ?
 すぐ・・・・って、あんなに苦戦しているのに
 クインさんが入るだけですぐに倒せるものなの?」













そして・・・
















P1004661_20100509153701.jpg


カリバー
「というわけで、初回でいきなり撃破完了」


ドリス
「えええええ!?」



P1004662.jpg


クイン
「初回といっても、今までカリバー殿とドリス殿が
 たくさん苦労して戦って培ってきた経験があってのものですが。

 それでも安定していましたが。
 危なかったのは最後の最後で私がマヒを喰らったぐらいですか。」


ドリス
「なんでそんなにあっさり勝てるんですか?」


クイン
「それは、私の・・・アンドロの特性にあります。

 そしてこれがおそらく・・・カリバー殿が今回私を
 アンドロにした最大の理由だと思います。」



ドリス
「えええ?
 あてずっぽうでアンドロにしたんじゃないの?」


カリバー
「アンドロの特性は【敵から縛りを喰らわない】ことにある。

 何気ないようだが、今回に戦いにおいてはどうか?」


ドリス
「腕縛りを喰らわないから
 ショックガードやディバイドガードが使えない時が絶対にない!」



カリバー
「そう、今回こんなに苦労しているのは
 ドリスが腕縛りをされてしまうためだった。

 ターン数によっては全滅確定になる腕縛りを
 アンドロのクインさんは喰らわないからな。

 防御面の確かさでは明らかに上だ。」


クイン
「加えて、アンドロはプリンセスよりも戦士向けキャラですので
 HPや防御力が高いのです。

 その為、消費するメディカ2の量もプリンセスよりは抑えられるし
 メディカを使う前に武息が使えるようにもなってました。」


カリバー
「そして後はオレのサブスキル。
 何をとったかだが、その前に・・・」






ブチ








ドリス
「あーーーーーーー電源切ったあ!」


クイン
「ドリス殿のそのツッコミを聞いたら
 なんとなく二人旅シリーズをやってる気がしてきましたよw」


ドリス
「なんですか、それえ!

 カリバーも何で電源切ったのよ!
 せっかく深王さんを倒してエンディングにいけるところだったのに。」


クイン
「当初のルールどおりですよ。
 私が出て深王を倒すのは、今回の二人旅のルール違反。
 やはり、ドリス殿とカリバー殿で倒すべきです。」


カリバー
「ということをクインさんから釘を刺されてしまったのよww」


ドリス
「えー、また私が戦うんですか?」


クイン
「大丈夫です。
 あなたなら勝てます。

 今までたくさん辛い戦いがあったじゃないですか。
 それを全て乗り越えてきたのです。

 ドリス殿ならできます!」


ドリス
「・・・・・・わかりました。
 魅惑ちゃんが、自ら身をひいてカリバーに何かのサブスキルを
 覚えさせたということもある。

 その思いもふまえたら、今度こそ負けられない戦いだわ!



カリバー
「そうだな。
 魅惑のことも考えたら負けられない戦いのはずだ。

 ドリス、改めて深王とオランピアを倒すぞ!」


クイン
(チーム全体を考えて自分の身を引くということは
 結構できることではない。
 あの妖怪娘、ただのわがままな奴じゃなかったわけだ。
 少しは見直したぜ)







P1004700_20100509155631.jpg


P1004701.jpg


P1004702.jpg


カリバー
「では、対深王・オランピア戦に勝ったときの装備とスキルを紹介する。
 写真はレベル49になっているが、実際に深王に挑んだときは
 オレもドリスもレベル48の時だった。」


ドリス
「管理人の手違いで【戦闘する前の】写真を取り忘れてました。
 写真は戦闘終了後によるものです。」


カリバー
「目新しいのは必中ゴーグルをつけたことかな。
 これでオレの攻撃は全てヒットするようになった。

 そしてサブスキルに選んだのは【バリスタ】で
 取ったスキルもナイトビジョンという変り種だ。



 ナイトビジョンは時間帯が夜になるとクリティカル率が跳ね上がる性質を持っている。
 体感でいうと50%以上は確実に有る。
 ほぼ通常攻撃が必殺陣形なしでもクリティカルでまくる感じだ。

 今回、リベレイションよってクリティカル我流を封じられてしまったが
 ナイトビジョンを使うことで、擬似的に必殺陣形状態になれる。

 また、今回はTPをかなり消費するため、オレとドリスの両方でアムリタを使っていたら
 物資が色々と大変になるというのも考慮した。」


ドリス
「実際見ていたのですが、素でクリティカル我流4発とかもやってました。
 もちろん、ただの通常攻撃もしますが、それでも前よりは与えるダメージが増えています。」


カリバー
「本当はウォリアーを取るというのもあったんだがね・・・
 これは見送ることにした。」



P1004703_20100509160316.jpg


P1004704_20100509160316.jpg


P1004705.jpg


ドリス
「私はあまり変わりません。
 ショックガード10、ディバイドガード10、パリィ5を駆使して
 カリバーを後列からひたすら守る戦いです。」



P1004663_20100509160436.jpg


カリバー
「では戦闘開始だ。
 管理人が通勤電車でプレイしてせいもあって
 途中の写真がなく、いきなりオランピア撃破したところから開始だ。

 前よりは撃破ターンが少なくなっている。」


ドリス
「ただ、私自身特に変わってるわけではないので
 普通に腕縛りとかあります。

 本当にこのまま勝てるのかしら?」


カリバー
「正直言うと微妙。
 ただ、150ターンも戦って物資が切れるということはなくなるはずだ。」



P1004664_20100509160644.jpg


P1004665_20100509160643.jpg


カリバー
「そして深王。
 ナイトビジョンのおかげでクリティカルが良くでて
 前よりもダメージ効率は確かに上がっている。
 
 そしてついにバニッシュメントがきはじめた。」


ドリス
「麻痺が最大の曲者だけど・・・」



P1004666.jpg


P1004667_20100509160833.jpg


カリバー
「いや、かなりきわどい。
 麻痺したドリスがディバイドをしてくれれば
 オレが普通にテリアカβで回復できるが、
 今回は麻痺しても動きが止まらずに済んでなんとかなっている」



P1004670_20100509160955.jpg


ドリス
「麻痺をくぐりぬけて、135ターン目・・・
 ついに深王さん達を倒しました!



P1004671_20100509161020.jpg


カリバー
「最後らへんの麻痺を喰らったところの対処が運ゲーになってしまったが
 それでも何とか倒したぞ。」


ドリス
「本当によかったあ!
 深都編よりもものすごく苦労したわ!」



クイン
「お見事です!
 腕縛りの対策だけがうまくできなかったので
 やはり無理かと思ってたのですが、それでも乗り越えてくるとは・・・」


ドリス
「魅惑ちゃんのおかげでもあります。


 あれ・・・魅惑ちゃんは・・・?」




P1004674.jpg


カリバー
「とりあえずエンディングが始まったぞ。」


スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 16:15:47|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<海都編「姫を狙う深都の王を見つけ出せ!」(前編) | ホーム | 海都編エンディング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/636-7db5cba9

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。