ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クエスト「血雨降りしきる揺監地」

P1004796.jpg


P1004797.jpg


カリバー
「とにかく途中はさっさと終わらせて第四階層ボス撃破までいきたいんだが、
 大事は選択肢は間違えないようにしないといけない。


 【本当にこれなの?】とか言われると
 二周のプレイでしか検証してないからなんともいえんのだが、

 オレ達の場合はこの二つの選択肢を
 両方ともYESしたら真祖編へのフラグが立ったことは確認できている。



ドリス
「深王に新書を渡すとか、他にも選択肢がありますが、
 YESを選ばないと先に進まないものなどは影響がないと考えます。」


クイン
「二周目の時にクジュラ・オランピアの両方からアイテムがもらえたのですから
 大丈夫ではないでしょうか。」



P1004771.jpg


カリバー
「で、先に急ぎたいのだが、
 魅惑がちょっと気になることがあるとかで・・・」


魅惑
「このクエストに出てくる食べ物が食べたいのじゃ!」


ドリス
「ポモナの実?
 聞いたことがないわ。」


魅惑
「第三階層に生える植物から聞いていたのじゃが、
 9階にとてもおいしい実があるそうなのじゃ。
 多分このクエストのことだろう。

 カリバー、わらわは食べてみたい。みたい。みたいー!」


カリバー
「なんかこいつ遠慮がなくなってきたな・・・」


ドリス
(私になついちゃったからかしら・・・)


クイン
「いずれにしてもクエスト消化はするのだろうから
 やってもいいのではないですか?」


カリバー
「むー、早く先に行きたいのに・・・」



魅惑の案内で地下9階のポモナの実のなる場所へ向かうと・・・



P1004772.jpg


ドリス
「アリさんがいた。」


魅惑
「むー、わらわの実を食べようとしているに違いない。
 カリバー、倒してくれ!」


カリバー
「アリがクエストに絡んでくるのか・・・


 ってことは・・・」



しばし考えるカリバー。
そして「しまった!」という表情をみせる。


カリバー
「くそ・・・オレとしたことが・・・

 アリを追うぞ!」



P1004774_20100515172446.jpg


P1004776.jpg


ドリス
「アリを追ったらポモナの実がなっていて、そこで戦闘になりました。
 倒すことは問題ありませんでした。」


魅惑
「わーい、はぐはぐ・・・

 おいしーい。
 カリバー、おいしいぞ!
 お前も食べるのじゃ。あーん・・・」


カリバー
「あーんじゃないよw
 なんだこいつ、三周目からおかしくなってないか?」


クイン
(お前が原因)


ドリス
「あなたが原因」


魅惑
「お前のせいじゃ」


カリバー
「オレ?


 ・・まあ、いいやクエスト報告にいこう。
 ちょっとオレとしたことが、先を急ぐ余りに失敗してしまったよ。」


ドリス
「どういうこと?」



P1004780.jpg


カリバー
「これだな・・・
 ポモナの実のクエストに続きがあって
 おそらく「女王アリ」がでてくると思う。」


ドリス
「世界樹1に出てきた女王アリね!」


カリバー
「そもそも1にでてきたアリが今作にもでてきたことで
 女王アリの存在は感じていたが、
 管理人の【クエスト消化が面倒くさい】という性分のせいで
 すっかりやらずにいて失敗したよ。


 これ、第三階層の時点で戦えたんだな・・・
 完全に失敗したぜ・・・」


魅惑
「むむむ・・・とにかく、ポモナの実が原因なのじゃな・・・
 もう一度あの場所にいくのじゃ」



P1004782_20100515173810.jpg


P1004783_20100515173810.jpg


クイン
「周辺を調べたら隠し通路がありました。
 どうやらアリの巣のようですね。」


カリバー
「先にきた冒険者はここでアリ達の餌食になったようだな。
 アリが怒って大群で人間を襲いだしたらやばい。
 特に深都は第三階層と入り口がつながっているからな、
 アリがなだれこんだら大変なことになる。」


ドリス
「女王アリと戦うのね。」


魅惑
「中にはいろうぞ」



P1004785_20100515174031.jpg


カリバー
「はははw
 これはすごい数だ。

 レベル30台の時にここにきてたらさぞ面白かったろうなあ・・・」


ドリス
「魅惑ちゃん、眠り粉をお願い」


魅惑
「まかせるのじゃ!眠り粉ー!」


クイン
「おー、よく寝ますね。」


カリバー
「プリンセスはパイレーツよりLUKがあるからな
 オレが使うより効果ありそうだよ。

 プリンセスとビーストキングは、実は悪くない組み合わせかもしれない。」



P1004786.jpg


P1004787_20100515174449.jpg


カリバー
「そしてアリの巣の奥に女王アリがいた。」


ドリス
「世界樹1の時はカリバーと私の二人で戦っていたのですが、
 ものすごく大変でした。

 とにかく仲間のアリが多くて・・・」



P1004788_20100515174810.jpg


ドリス
「あああ、やっぱり仲間を呼んできたああ」



P1004792.jpg


ドリス
「しかも今度は投げてきたああ」


カリバー
「ずいぶんとワイルドになったなwww
 今回の女王さまはwww」



クイン
「いや、これ結構ダメージでかいですよ。
 私達は防具がそろっているからいいですが、
 三層時点ではかなりきついと見ました。」


魅惑
「まわりのアリはわらわの眠り粉がきくようじゃ。
 これで眠らせている間にボスを倒すのじゃ!」



P1004793_20100515174810.jpg


P1004794.jpg


カリバー
「というわけで、倒すことは全く問題なかったんだけど
 これは完全に失敗した。
 適正レベルと装備の時に戦っていたら面白かっただろうに・・・

 もったいないことをしたーーorz




P1004795.jpg


ドリス
「魅惑ちゃんの食いしん坊から思わぬ展開になったわ。」


魅惑
「アリはともかく、実はおいしかったではないか。」


クイン
「まあそうですね・・・って
 アンドロの私に味覚はあるんだろうか・・・」



ドリス
「ぷ(笑

 どうなんでしょうね、うふふふ」


魅惑
「わはははは」


カリバー
「なんかみょーにほのぼのしたギルドになってきたな・・・」


スポンサーサイト
  1. 2010/05/15(土) 17:57:07|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<真祖編プロローグ | ホーム | 手に入れろ白亜の供物、真祖最終決戦編(前編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/639-4e33d689

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。