FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

大航海クエスト「助太刀致すで御座る」

P1005605.jpg


ドリス
「前回アルルーナを倒しましたが
 もうほとんどのボスを倒したと思います。」


カリバー
「それで第六階層に行く前に
 もう一度エルダードラゴンと戦ってみることにした。

 前回はボーグマンのあまりの活躍ぶりで楽ちん撃破だったが
 今回はボーグマンなしで戦う。」


ドリス
「つまり、自分達で頭縛りなどをする必要があります。」



クイン
「クエストはこの前大王ペンギンで手伝ってもらった
 キリカゼさんと戦います。」




P1005606_20100529093754.jpg


P1005607_20100529093754.jpg


ドリス
「それで戦ってみましたが、
 なかなか頭縛りが成功しません!

 うう・・・やはり本職じゃないからボーグマンさんみたいに
 縛ることは難しいのかしら。」


カリバー
「縛りはLUKが関係しているから
 防具は最低限にしてLUKをあげるというのもあるだろう。

 また、オオタカはレベル10が基本かな。
 場合によってはスキル振りなおしも考慮しよう。」


クイン
「この戦い、ドリス殿にかかっているからがんばってください。」


魅惑
「そうじゃそうじゃ。
 せっかくわらわがビーストキングのスキルの解禁を許したのだから
 ちょっとのことで根を上げるでない!」


ドリス
「が・・・がんばるわ!」




P1005609_20100529094707.jpg


しかしなかなかうまく頭を縛れないドリス。
スーパーノヴァを喰らって壊滅するちくやらギルドだったが・・・



カリバー
「うーん・・・これさ・・・みんなも気づいたよね?」


ドリス
「そうね。」


クイン
「はい。」


魅惑
「・・・?
 なんのことじゃ!
 わらわはわからんぞ。
 わらわにだけ教ない秘密をもっておるのか!

 仲間はずれはひどいのじゃ!うわーん!」


ドリス
「もう・・・すぐ泣かないで。魅惑ちゃんは・・・
 魅惑ちゃんはこのシリーズ初めてだから
 わからなくても仕方ないわ。」


カリバー
「いや・・・気づいてほしかったけどなあ・・・
 なにげないことで気づかないと、一生わからない。」


魅惑
「電源いれてエルダードラゴンと戦うと
 毎回カリバーが同じダメージをいれている以外に
 まだ何か隠しておるというのか!」



ドリス
「いえ・・・それで正解!」



クイン
「あらら・・・魅惑さんは普通に乱数調整に気づいてたけど
 さらに深読みしようとしていたのか・・・」


カリバー
「前言撤回だ。
 魅惑はいい子だ。賢い子だ。」


魅惑
「わーい。何か知らないが褒められたぞ!」



カリバー
「というわけでだ。
 エルダーにスーパーノヴァ喰らったら電源切ってやり直ししてたんだけど
 そしたら毎回エルダーに対して同じダメージになっていることに気づいた。」


ドリス
「管理人の使っているDSは長年乱暴に使っていたせいか
 Lボタンが効きづらいという故障を抱えています」



クイン
「だからソフトリセットがやりづらいんですよね・・・
 このゲームはLボタン・Rボタン・スタートボタン・セレクトボタン4つを同時押しすると
 ソフトリセットがかかるのですが、
 管理人のDSはLボタンが効かないからソフトリセットできないというw


ドリス
「ゲーム中のマップをみてもずぼらなことがよくわかると思います。
 とにかく扱いが雑・・・」


カリバー
「それでまあ、電源入れなおしてすぐにエルダーと戦ってたら
 いつのまにか乱数調整してることになっていたという・・・

 今回、戦闘乱数は内部時計の影響受けないっぽいね。
 いつ電源入れなおしても全く同じになるよ。



魅惑
「戦闘乱数とはなんじゃ?
 見てて同じ行動になるのはすぐにわかったのじゃが
 細かい知識が無いのでよくわからん・・・」


カリバー
「簡単にいうと、戦闘時に発生する乱数が戦闘乱数。
 これとは別にダンジョンを移動するときなどの乱数がエンカウント乱数。

 これは管理人が世界樹1か2の頃から提唱している名前だ。


 で、戦闘乱数とは、プレイヤーキャラの行動やボスの行動を左右してるもので
 どういう順番でキャラが行動して、攻撃した時にどれくらいのダメージがでるかなどを
 戦闘乱数が全て取り仕切っていると。」


クイン
「今までの世界樹シリーズでは、この戦闘乱数はDSの内部時計の影響をうけてました。」


カリバー
「内部時計というのは、DSをマニュアルモードで起動すると時計がでてくると思うが
 これのことだ。

 乱数というのはコンピュータの作り上、本当に無からでたらめな数字を作ることができず
 何かしら基点となるものから超複雑な計算式のものに割り出した計算の結果でしかない。

 そこで内部時計を使うということは、
 例えば
 10:00:00という数字を元に発生した乱数と
 10:00:01という数字を元に発生した乱数とでは
 発生値が違うというものだ。」


魅惑
「うーん・・・難しいのう・・・
 イメージがわきにくい・・・」


カリバー
「要は電源入れたときの時間によって乱数が変わる。
 つまり、敵や自分の行動が変わるというものさ。

 言い換えると内部時計を毎回全く同じにすると
 毎回同じ乱数で戦えるということ。
 今までの乱数調整はこれを利用していたと言う話。」


クイン
「ところが今回はいつ電源をいれても全く同じ乱数になってました。」


カリバー
「なんでこうなったかは知らないが、事実そうだからしょうがない。
 すると、エルダー戦はゲーム開始してすぐ戦えるから
 ぶっちゃけていうと乱数調整を使った方が早いかもしれない。」


クイン
「理由は他にもあります。」



P1005613_20100529100444.jpg


クイン
「写真に取れてないのですが、大体で12ターンくらいまで戦うと
 ボスに結構なダメージを与えています。

 ボスは後半になると属性攻撃をしかけてくるのですが
 三色の属性攻撃をランダムにやられると防ぐほうとしては相当きついです。

 

 これは真祖編からすでにそうでした。
 あの時は三色ボットを展開することで防げましたけど
 今回、ドリス殿の召喚技とキリカゼさんの分身で
 ボットを展開することができません。


 すると、1/3で属性ガードをしないといけないことに。」


カリバー
「属性のミストを展開することで対応もあるんだけど
 容易に乱数調整ができることがわかったので、
 もうそっちで撃破することにした。」


ドリス
「縛りも安定しないので乱数調整することで
 確実に縛りをいれるようになります。」


カリバー
「ということで、ここからは乱数調整を使っての撃破になる。
 三人旅の乱数調整とかオレ達以外に需要は全くないだろうから
 参考程度にしかならないだろうw




P1005748.jpg


カリバー
「装備説明だ。
 オレは前列での攻撃役となる。
 クインさんに後列ディバイドしてもらうため防具はなしだ。
 ミリオンスラストのダメージ最優先。」



P1005747.jpg


P1005749.jpg


ドリス
「私とクインさんは後列に位置します。
 それでアクセサリが私とクインさんで違います。

 私は圧壊、クインさんは強斬になります。
 これについては理由があります。」


クイン
「エルダードラゴンの物理攻撃についての説明です。

 グランドダイブという攻撃は全体に使ってきます。
 が、ウイングラッシュという攻撃は前列にしか使ってこないようです。

 すると、ディバイドガードしている私がウイングラッシュを喰らうので
 これの対策を取ったということになります。

 グランドダイブは後列にいるということでダメージ半減することもふまえて
 対策は取りませんでした。」


ドリス
「私はグランドダイブの対策を取りますが、頭縛りを少しでも成功させるために
 幸運のあがるアクセを装備しています。」



1274956597753.jpg


カリバー
「そして乱数調整表。
 管理人が休み時間に人目を盗んで会社で作ったものらしいw」



※管理人
「正直こういうのを作る暇ないので今回だけです。」




カリバー
「この表を使って説明すると
 オレがミリオンスラストで3ヒットするように行動が調整されている。」


魅惑
「行動が調整。」


カリバー
「そのターンでどういう行動を取ったかで次のターンの行動が決まるという言い方をするか。
 だから、例えば最初の3ターンはエルダードラゴンが全身縛られていることで
 実はクインのディバイドガードは必要なかったりする。
 
 その3ターンでクインさんが攻撃した場合
 最初のミリオンスラストが3ヒットしない時があるんだ。」


クイン
「私がたまたまディバイドしてたらミリオンが3ヒットしたので
 その行動にすることにしました。
 4ターン目でロケットジャンプしているのもそれが理由です。
 本来なら最初の1ターン目でやるべきなのにやってないのも
 ミリオン3ヒットのため。」


ドリス
「私は頭縛りを成功させる必要がありますが
 細かいところで行動に調整をいれています。
 大蛇召喚とかがそんな感じかしら。」


カリバー
「7ターン目にエルダードラゴンが古竜の息吹というスキルで体力を回復するが
 ここが行動パターンの変化の合図になっている。」


クイン
「こうしてみると、2ターンに1回は属性攻撃になっていたのですね。」


カリバー
「黒焔翔という炎属性、緋凍拳という氷属性、碧雷閃という雷属性。
 この中でランダムなのは炎の奴だから
 ファイアガードして他はミストでしのぐというのが
 普通に戦った場合の攻略かな。」


ドリス
「頭縛りしながらだから大変よね・・・
 攻撃するヒマがなさそう。」


カリバー
「というのもあるし、喰らったら回復もいるから
 三人じゃやっぱり大変だ。」



P1005740.jpg


P1005741_20100529101958.jpg


カリバー
「そんな感じで乱数調整をしながら戦っていた。
 属性攻撃の読みが外れて失敗した時はその属性攻撃を覚えておけば
 次に防げるという感じだから、時間だけはかかるが絶対勝てる。」


ドリス
「19ターン目の行動を写真に撮りましたが
 乱数調整表どおりになっています。」



P1005753_20100529101958.jpg


P1005754_20100529101957.jpg


カリバー
「んで21ターン目に攻撃してトドメだ。

 こうしてみると、エルダードラゴンだけは縛り制限ないみたいだね。
 クラーケンの時は4回までしか縛れないといったが
 4回以上縛ってるわ。」


ドリス
「そういえばそうだわ。
 最初から縛られているのもカウントしたら3回しか縛れないかもしれなかったのに。」


クイン
「縛れないと勝てないのだから、このボスだけ例外なのでしょう。」



P1005750.jpg


ドリス
「私のビーストキングのスキルを参考用に貼っておきます。
 オオタカはレベル10あっても縛り率が100%ではありませんでした。」


魅惑
「ビーストキングの解禁は正解だったようじゃ。
 それにわらわの毒アゲハもレベル1でいいと言っておるのに
 5にしてくれて・・・」


ドリス
「レベル1だと魅惑ちゃんに失礼だと思ったのよ。
 もうエルダーも倒したから他に縛りスキルも必要ないなら
 10にしてあげるわよ。」


魅惑
「ドリスはやさしいのう・・・」



カリバー
「というわけで、エルダーを乱数調整してだけど一応撃破した。
 これでもうボスはいなくなっただろう。

 あとは第六階層にいるだろうボスと真ボスを撃破するだけだ。

 いよいよ第六階層に突入しよう!」


ドリス
「真祖を倒してからかなり時間かかりましたが
 次から第六階層に挑みます!」

スポンサーサイト



  1. 2010/05/29(土) 10:36:57|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クエスト「海の果てから来た怪物」 | ホーム | B21F 狂気に彩られた脈動の樹海 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/656-490a115b

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search