ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

勲章コンプ編「大航海スライド乱数調整(後編)」

P1006020.jpg


ドリス
「第六階層にいる真ボスを倒した私達の冒険はいよいよ終盤へ。
 ギルドカードの勲章集めに入りました。
 まず、大航海の勲章を手に入れようと船旅を続けてましたが
 ここで問題が勃発!

 ダイマオウイカという交易品が全く取れないという事態に陥りました。」


クイン
「管理人が100回くらい繰り返して取ってみたがでませんでした。
 単純に出現率が1/100の1%未満になっています。」


魅惑
「この出ないアイテムをどう取るのか?
 我らがカリバーの腕の見せ所じゃー!」


ドリス
「という前置きなんだけど、実際取れそうなの?」


カリバー
「・・・まあ、もう結論からいくか。
 あれこれ悩むサマを書いても話が長くなるだけだしな。
 ダイマオウイカは乱数調整で取得可能。

 実際理論を立てて試行開始したら2回目であっさり取れた。

 これを【大航海スライド乱数調整】として管理人が提唱して
 その方法を公開済みだ。」


ドリス
「2回目で?」


クイン
「・・・それは早い!」


カリバー
「なので、ここに書くのは、管理人が以前提唱したことの二度書きみたいなものだ。

 原文のURLをのせておくので
 それを見て理解できればそれでよしだよ。


 大航海スライド乱数調整について
 http://runark2.blog69.fc2.com/blog-entry-2070.html

 大航海スライド乱数・追検証
 http://runark2.blog69.fc2.com/blog-entry-2078.html 


 ここで書くのは上記URLのおさらいだ。」


魅惑
「というわけで、改めて大航海スライド乱数調整についての説明だそうじゃ。」



 

●大航海スライド乱数調整について


1.大航海スライド乱数調整とは?


・普通にやったら全くでないダイマオウイカを
 ある手順をとることで比較的とりやすくする方法。

・その手順さえわかれば基本、誰でも取ることができる。

・残念ながら他機種での再現性がないようなので
 私が出した「時間」で試しても他では出ない模様(重要)。


・やってることが基本的には「総当り」なので
 だったらソフトリセットを駆使した方が早いという意見もある。
 
 そう思う人はそれでやればいいが、管理人はソフトリセットで100回やってでなかったが
 大航海スライド乱数やったら、4回試行したけど、どれも15分以内で取れたので
 やはりこっちの方法でやった方が早く取れると思っている。

・乱数調整によるゲット方法なので、
 一度取ることができたら、二回目以降も再現可能。
 まあ、ダイマオウイカを何匹つっても意味ないですがw
 (言い換えると、他機種で再現性があれば、ものすごく意味があったという話)


2.大航海スライド乱数調整のやり方

理論はどうでもいいからとにかく取りたいという人向け。


①.まず下準備。

  港でセーブをすること。
  そして、海のミルクが取れるエリア、「南海のEF-34付近の藻海、DE-7の藻海領域の奥、F-56の岩礁内など」に
  魚群が沸いていることが条件。

  なお、魚群には「沸きの頻度」とも言える「魚群ランク」が設定されている。

  魚群ランクは、管理人が設定したところで以下のようになっている。

  ・魚群ランク低…魚を取った直後などの、絶対に魚群がわかないとき。
 
  ・魚群ランク中…ランク低から有る程度時間を経過させて、ぽつぽつと沸くようになった時の状態。
          港と街の出入りを繰り返してもあまり出てこないようだとランク中。

  ・魚群ランク高…ランク中からさらに時間が経過して、港の出入りでよくでてくる状態。

 
  ぶっちゃけると、ランクは中でも高でもかわらない。
  管理人はランク高の状態でしか試してないので、基本はランク高を推奨。
  魚群が出ないという人は、前回の話を参照のこと。


②.DSの起動をマニュアルモードにする。
  電源いれるときにスタートボタンとセレクトボタンを押しながら起動すると
  DSの設定画面になるから、そこから設定できる。


③.DSの内部時間を「00:00」にする。
  なお、これは別にどこの時間でもかまわないが、
  内部時計をスライドさせるにあたって、わかりやすい時間にするために「00:00」にしている。
 

④.時間を設定したら、そのままDSのメニュー画面を終了。
  すると電源が自動的に切れる。

⑤.すぐ起動すると、画面に時計がでてくるので
  適当な時間でゲームを開始する。
  管理人は「秒針が15秒の時にゲームを開始」した。
  これが早すぎるという人は20秒でもいいし、30秒でもいい。
  ただ、その始めた時間は以後必ず守ること。

⑥.ゲーム開始。港から始まっているはずで、
  DSの下の画面に大航海のマップがでている。
  ここで海のミルクがとれる「南海のEF-34付近の藻海、DE-7の藻海領域の奥、F-56の岩礁内など」に
  黄色の魚群が沸いているかを確認する。

⑦.沸いていなかったら、港から一旦でて、また港に入る。
  この時に乱数が発生して大航海マップの魚群の位置が変わる。
  そして黄色の魚群がでるのを確認。
  でなかったら出るまで出入りを繰り返す。

  ※ここで乱数が発生とあるが、この乱数がすでに「固定乱数」。


⑧.魚群が沸いたら、出航開始。

  ※この時、管理人は「セドナの神像」を装備したままだった。
   セドナは出航時に魚群が追加されるが、これも固定乱数。
   なので、装備しなくても出ると思われるが、心配なら装備してもいい。

  海に出てから最初の一回目で魚群を釣り上げること。
  ここで、ダイマオウイカが出ない場合は、
 「そのゲームを開始した時間では出なかった」ということで電源を切る。

⑨.DSの内部時間を1分進める。
  「00:00」開始だったら「00:01」という感じで、
  一分ずつずらしていく。
  これが「スライド乱数」と名づけた所以。」

以後、⑤に戻って出るまで時間を1分ずつずらしていく。


カリバー
「もっと簡単に説明すると、

・「00:00」の15秒にゲーム開始して、出航後一回目にイカの出る魚群を取る。
・「00:01」の15秒にゲーム開始して、出航後一回目にイカの出る魚群を取る。
・「00:02」の15秒にゲーム開始して、出航後一回目にイカの出る魚群を取る。
・「00:03」の15秒にゲーム開始して、出航後一回目にイカの出る魚群を取る。
・「00:04」の15秒にゲーム開始して、出航後一回目にイカの出る魚群を取る。


という感じでイカが取れるまで一分ずつずらしていくというのが大航海スライド乱数だ。」





P1006035_20100605185332.jpg


カリバー
「実戦してみるか・・・といっても、上記リンク先の写真の使いまわしなんだけど。
 まず、DSの内部時計の設定だ。
 管理人のDSの場合に限るが、【00:01】に設定した時にでたので、これをセット。




P1006036_20100605185500.jpg


カリバー
「時間設定後に電源切れるからすぐに電源いれなおして
 この画面にする。

 ここで秒針が15の時にゲームを開始する。

 なお、この時15秒ぴったりにしようとあせらなくても大丈夫。
 体感的には15.00秒から15.99秒などの猶予があるから、要は15秒の範囲内で開始すればいい。」



P1006037.jpg


カリバー
「すると、最初から魚群が沸いているので
 早速出航する。

 もしこの時に魚群が沸いていない人は、沸くまで港の出入りを繰り返すこと。」



P1006038.jpg


カリバー
「船装備はこんな感じ。
 セドナの神像は必須ではないが、管理人は装備したまま検証してしまったのでつけている。
 仮にセドナを外すと「00:01」ではダイマオウイカが取れないことを確認している。」



P1006034.jpg


カリバー
「出航してから一回目で釣り上げると見事ダイマオウイカをゲットだ。」



ドリス
「本当に取れてる!」



クイン
「不思議ですね・・・」


魅惑
「さすがカリバーじゃ。
 よくわからんがすごいすごい!」



カリバー
「やり方は以上。
 理屈がわかんなくてもやり方がわかれば取れる筈だ。


 では、理屈については以下から説明。
 話が長いので興味ある人だけ読んでくれ。」






3.乱数調整の基本理論


・世界樹3は「戦闘乱数」と「エンカウント乱数」の二種類がある。

・戦闘乱数は文字通り戦闘に関わる乱数。
 キャラごとの行動、敵の行動をつかさどっている。

・世界樹3に限って、戦闘乱数はDSの内部時計の影響を受けない。
⇒いわゆる「スキュレー道場」が機種問わず誰でも成功するのは
 これが理由と思われる。


・エンカウント乱数は、迷宮に潜った時のエンカウント率や大航海に関係する乱数。

・世界樹3に限って、エンカウント乱数はDSの内部時計の影響を受ける。

・内部時計の影響とは、乱数発生の仕組みに関わる根幹の話。
 それを全部説明すると大変なので簡単に言うと、

 ---------------------------------------------------------------------------------------- 
 ・機械はそもそも計算能力があるだけで、全くの0からでたらめな数字を作り出すことができない。

 ・なので、乱数は何かをとっかかりにして、超複雑な計算式をもとに
  でたらめのように見えて規則性のある数字列を並べているだけにすぎない。

 ・そのとっかかりになるものとして「時間」がある。

 ・乱数発生の計算をする時に「現時点の時間」を計算の根っこに添えて乱数を発生させている。

 ・なので、内部時計を気にしないで電源をいれて普通にゲームをプレイしていると
  あたかも毎回違う乱数が発生しているように見える。

 ・逆にいえば、毎回同じ時間にゲームをプレイすれば
  毎回同じ乱数が発生することになる。
 ----------------------------------------------------------------------------------------

・内部時計による乱数はDS別の模様。
 つまり、他機種での再現性は確認取れず。
 ブログの方でスライド乱数調整の成功者からの報告をもらった感じでは
 管理人が出した「00:01」での成功者はいなかったため。




というわけで、電源いれてゲームを開始した時の時間によって
エンカウント乱数は、乱数テーブルが決定される、ということになる。



4.乱数発生のポイント

大航海に話を絞ります。
電源をいれてから魚を釣り上げるまでのどこに乱数が発生するかをまとめると、


・大航海のマップが切り替わるとき。
 切り替わりのタイミングは、港の画面が出た時。
 これは電源いれてから港スタートの時を含む。
 港←→街の出入りの時も乱数発生。


・出航してセドナの神像で魚群が追加される時。


・魚を釣り上げる時。
 この時に「どこのエリアの魚か」によって、釣り上げられる魚の種類が決まり
 あとはその魚ごとに設定されている確率の中で決められる。
 魚を釣り上げるときのピンポイントの位置は関係しない。

 海のミルクは複数ポイントでも取れるが
 最初の一回目で海のミルクの取れるエリア内の魚であれば
 どのポイントにいる魚でも関係なし。
   


これをふまえて、「港を何度も出入りすると乱数発生してるじゃないか」と思われるが
この時の乱数がすでに固定乱数になっています。
確認すればわかるけど、同じ時間でゲーム開始して
港の出入りすることで沸く魚は必ず同じです。

セドナもそうで、何回出入りした後で出航した時は
その出入りごとに沸く魚がかわるけど、これも固定乱数。



ということで、電源をいれてから最初の一回目の魚を釣り上げるまでは
どうであれ固定乱数とみなせます。


だから、究極的なことをいえば
ゲームを開始した時点でダイマオウイカが取れるか決定されています。




ここのイメージが難しいですね。




5.スライド乱数の意義


ソフトリセットを繰り返しダイマオウイカを釣り上げるのは、乱数の総当りです。

スライド乱数を駆使して、一分ずつ時間をずらして釣り上げるのも乱数の総当りです。


とすればやってることは同じじゃないかと思いますが、違います。


スライド乱数は無限に広がる乱数の海の中に楔を打つことに意義があります。



カリバー
カイジという漫画を知っている人はいるかな?
 テレビアニメ化もされた傑作漫画の一つなんだが、
 あれのEカード編を思い出してもらいたい。


 こういう台詞があったんだ。」



slide.jpg


「突破口を開く策、勝負する為の方向性、
 羅針盤を彼は必要としていた。

 このままではあまりにも無策。
 ただ寄る辺無く、勝負という海原を漂うだけ。」

  
  
カリバー
「つまりは、ソフトリセットを繰り返して
 ダイマオウイカが出るまでひたすら繰り返すというのは
 上記たとえで言うと、「あまりにも無策」ということだ。

 が、スライド乱数は、乱数の海の中に「00:00」という楔を打ち込める。
 無限に広がる空間でとりあえずスタート地点を決めるという行為だ。


 ここを基点して一分ずつずらすことで、規則的な総当りができる。
 

 これは大きな違いだと思うが、どうかな?」
 

クイン
「乱数テーブルを海に例えて
 スタート地点を決めて出航する。

 だから大航海スライド乱数なんですね。」


ドリス
「なんていうか、電子的なイメージ?」


魅惑
「植物に例えてくれ・・・
 アナログなわらわではイメージがわかぬ・・・」


カリバー
「まあ長い話はここまでにするよ。
 本当にただ長いだけだったので。」


ドリス
「というわけで、ここから話を普通に戻して再開します!」



P1006041.jpg


カリバー
「実は、ダイマオウイカの他にも超低確率で取れる交易品がある。
 それは大王マグロ。」


魅惑
「これもWikiを見ると、売値が高くなっておる。
 レアに違いない。」


クイン
「大王マグロは南海、A-2付近で取れるようです。
 が、近くに大きな勇魚がいて、
 魚をぱくぱくと食べているようですよ。」




P1006043.jpg


P1006044.jpg


カリバー
「なので、先に片付ける必要がある。」


ドリス
「エピックの本も入ったわよ。」



P1006047.jpg


P1006050.jpg


P1006052.jpg


カリバー
「準備が整ったら、ダイマオウイカと同様に
 大航海スライド乱数を駆使するだけだ。

 00:00から開始して00:07の時に大王マグロをゲットできた。」


ドリス
「やり方がわかると、本当に確実にゲットできるのね。」


クイン
「不思議なものだ・・・
 なんでスライドをやったら取れるんだろう。
 低確率という点ではソフトリセットと変わらないはずなのに・・・」



カリバー
「とりあえずこれでもう低確率で取るのに苦労する交易品はなくなったはずだ。
 そういう意味ではダイマオウイカが今作では最強の敵かもしれない。

 戦闘ではないところがミソだわ。
 取り方のわからない人に取っては、これほど苦痛な作業はないだろうからな。
 出ない人は2~3週間やり続けても出ないと思う。


 だから、出なくて困っている人はぜひとも大航海スライド乱数に挑戦してみてほしい。


魅惑
「ブログの方では拍手数が2010/6/5時点で18あったから
 そこそこ人の役に立てておるようじゃぞ。」



ドリス
「実際にスライド乱数で取れたという報告ももらっているようです。」



P1006059.jpg


P1006060.jpg


P1006062_20100605194304.jpg


P1006063_20100605194304.jpg


P1006071.jpg


P1006072_20100605194303.jpg


カリバー
「というわけで、管理人が長文を書き疲れてしまったのでw
 残りの交易品集めなどは写真だけで終わらせてもらう。」



P1006074_20100605194732.jpg


P1006075_20100605194732.jpg


P1006077.jpg


P1006078.jpg


P1006079.jpg


P1006080_20100605194731.jpg


ドリス
「交易品を集め終わったら、最後はエピック品になります。」


クイン
「ほとんどは各拠点に再度訪れることで取れますね。
 つまりは管理人がさぼって取ってなかったことになるのですが。」


ドリス
「そして最後の一個だけになりました。」




P1006082_20100605194903.jpg


P1006081_20100605194903.jpg


ドリス
「最後のひとつは写真の「!」のポイントにいくと
 たまに海に潜るイベントが発生し
 そこで確率によって手に入ります。」


カリバー
「こういうのはなかなかわからんよねえ・・・」


クイン
「大航海をすべて自力で解けた人はすごいと思いますね。」


魅惑
「ダイマオウイカも自力で取れたとしたらすごいすごいじゃ。」


カリバー
「その点、オレ達はWiki使って楽させていただいた。
 あそこに情報を提供してくれた先人には心から感謝する。」





P1006083.jpg


カリバー
「というわけで、紆余曲折だけでなく
 乱数の海まで大航海していたが
 やっと大航海の勲章をゲットしたぜ!」



ドリス
「やったあ!」


クイン
「お疲れ様です。」


魅惑
「わーい!やったやったー!」


カリバー
「多分、一番面倒くさいのを先に片付けたから
 あとの勲章集めは楽になるんじゃないかな。」


ドリス
「これで大航海も決着なのね。」


クイン
「長い長い船旅でした。」


魅惑
「海は楽しかったー!
 今度はわらわも泳げるようになりたいぞ!」


カリバー
「毒アゲハだけにずっとひらひら飛んでいたからな。」



100303-013007 (2)


魅惑
「むかー!
 わらわはゲームでは毒アゲハかもしれぬが
 イメージではこの写真のような妖精なんじゃぞ!」


ドリス
「乱数のイメージはできても、他のイメージはできてないのかしら・・・」


クイン
「まさに電子の人間・・・
 虚数空間にのみ生息できる謎の生命体ですか・・・」


カリバー
「くそー、乱数調整を考えて頭使いすぎて忘れてただけだっつうの・・・
 つうか、最近は最後にオレをいじってオチをつけるわけか・・・
 昔はドリスの役回りだったのに、どうしてこうなった。」

スポンサーサイト
  1. 2010/06/05(土) 19:58:15|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<勲章コンプ編「大航海スライド乱数調整(前編)」 | ホーム | 勲章コンプ編「ちくやらギルド最後の冒険」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/664-2968483c

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。