ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

巡り廻る。第10話(最終話)「今から一年先のことを考えよう。」

megu135.jpg


一度は逃げ出したが、立ち直り再度闇の国にある破壊された拠点に立ち向かったカリバー一行。
そこの最深部に潜む「闇竜」と、その正体である「真・闇竜」を
リン達の力を借りて死闘の末についに撃破に成功。

そしてリン達が光の封印をし、ついにこの国の四つの拠点全てに光を取り戻すことができたのであった。






カリバー
「と、いうわけで、「破壊された拠点」に光が戻ったことで
 ↑にはっつけたこのゲームのタイトル画面も全体的に明るくなったのがわかるはずだ。」
 
 
ドリス
「本当に大変な戦いだったけど、勝ててよかったわん。」


クイン
「あの戦いに勝てなければ、われわれ人類は終わりになっていたところでした。
 この戦いに勝利したことで、
 この世界に光が・・・言い換えるならば、『電力』が戻りました。
 もう暗い中で生活せずに済むことでしょう。」


魅惑
「カリバーが全部解決させたのじゃ。
 さすがカリバーじゃ。わーい、わーい!」
 
 
カリバー
「オレ一人のおかげじゃねえよ。
 何せ、一度は逃げ出してしまったからな。
 そして、お前達の力があってのことだし、リンさん達のおかげでもある。」
 
 
ドリス
「こうして街に活気も戻りつつあってよかったわね。」


megu137.jpg


火の国がゲーム開始地点だったので火の国にいたカリバー達は
火の国の王と謁見する。

カリバー達の行為を英雄的行為として褒め称えるのであった。



megu140.jpg


megu141.jpg


それは他の水の国、地の国も同様だった。
リン達とともに行動したこの世界の英雄たちとして
カリバー達は向かい入れられていたのであった。



ドリス
「震災が発生したときはどうなるかと思ったけど、
 これで全てが解決したので、よかったよかったわん。」
 
 
カリバー
「え?」


クイン
「え?」


魅惑
「え?」


ドリス
「え???」


カリバー
「おいおい、マジで言ってんのか?
 おめでたすぎるね、今回のお前は。」
 
 
ドリス
「えええ?
 だって、破壊された拠点に電力を戻して
 全て解決したんでしょ?」
 
 
クイン
「それは大きな認識違いです。
 では、もう一度状況確認をしましょう。
 
 大震災により、この国は三つの被害をこうむりました。
 
 ・破壊された拠点
 ・見えない毒
 ・失われた光
 

 この中で、何が欠けているでしょう?」
 
 
ドリス
「あ!

 見えない毒!」
 
 
カリバー
「そう、電力は戻したが
 見えない毒の発生まで解決したとは、
 今までの話の中では書いてなかったはずだ。
 

 つまり、目に見えて解決しているようで、実はまだ終わっていないということだ。」
 
 
魅惑
「わらわの植物の能力をもって土壌汚染の状況を調べておるが、
 土壌はおろか、海の汚染もじょじょに広がりつつあるぞ。」
 
 
ドリス
「そんな・・・
 じゃあ、私達の戦いはまだ続くの?」
 
 
カリバー
「はっきり言ってやると、ドラゴンボールのべジータ風にいうなら
 本当の地獄はこれからだ・・・と、いってやってもいいかもしれない。」
 
 

クイン
「それくらい、今回の被害は甚大なのですよ。

 ですが、それを国民に知らすとパニックになるから
 各国の王は「とりあえず電力回復について祝っておこう」という
 いわばカモフラージュだったというわけです。」
 
 
ドリス
「そんな・・・
 結局騙しているじゃない。」
 

カリバー
「実際に目で見て回ったオレたちならともかく、
 伝聞情報でしかわからない人たちに全てを理解しろとか無理な話さ。
 
 だから、なんていうか、難しい要求をするかもだが
 今から一年先のことを考えよう。 

 一年後、オレ達の生活がどうなっているか、それを予測していくんだ。
 もちろん、今目の前にある状況を知り、危機に対して一喜一憂するのもいいだろう。
 
 だがそのたびに、やれ大丈夫だ、やれ自粛だ、やれ安全だ、と、
 一つのマクロな情報にみんなが大きく左右されすぎってのも、問題あると思うんだ。
 
 
クイン
「言い換えるなら、民衆扇動ですね。

 みんなが大丈夫というなら大丈夫、
 みんなが食べ物を買いあさるなら自分も買いあさる、
 みんなが自粛するなら自分も自粛する、
 みんなが自粛をやめるなら自分も自粛をやめて消費する。
 

 一つの情報にみんながみんながで動いていては
 本当に危険が来た時に対応できないでしょう。

 
 
カリバー
「だからといって、オレ達みたいに自分で考えて行動できるなら誰も苦労はしない。

 だからせめて、一年後にどういう事態になっているかの想像力ぐらい働かせて欲しいわけだ。」
 
 
魅惑
「例えば土壌汚染にすれば、食物汚染は一時的だとしても
 土壌に見えない毒が「染み込んだら」、そこでの農作は以後全てダメになるとかじゃ。
 
 今ある情報がこの先どういう事態になるか、先を見据えておくということが肝要というわけじゃな。」
 
 
ドリス
「難しいわね・・・
 みんながそんなことできるのかしら・・・。」
 
 
カリバー
「リンさんみたいな人たちが現実にいてくれたら大丈夫だが
 実際はそこまで都合はよくないだろう? 

 であれば、人がどうとかじゃなく、自分で考えて
 すぐに行動にしないまでも、用心・対策・心構えはしておけということさ。」
 
 
ドリス
「・・・本当に私達は大丈夫なのかしら・・・
 なんかどんどん気持ちが暗くなってきたわん・・・」
 
 
カリバー
「空元気をいうつもりはないが、なんとかなるさ。
 それがオレ達の世代じゃなくても、次の世代が大丈夫になるように力を尽くす。
 
 それが今を生きるオレ達の責任だと思う。

 
 
ドリス
「そうね・・・
 この大震災によって、多くの被害と傷跡を残してしまった。
 それは、今を生きている大人の責任でもあり、
 それは、これからを生きる子供達の責任ではない。
 
 その全てを次の世代におしつけてはいけないわん。

 
 

カリバー
「それはそうだな。

 『この国の未来は君たちにかかっている』などと
 子供たちに対して無責任に言えるわけがない。





クイン
「だから、われわれは守るのです。
 それこそを身を挺して、自分達の世代を、次の世代を。」
 
 


魅惑
「そして、わらわ達の大地を取り戻すのじゃ。」



カリバー
「オレ達の安全はこれからだ!」











「巡り廻る。」 ちくやら震災編  第一部 完













第二部 予告








破壊された拠点に戻った電力だったが、それは一時的なものであった。



電力が切れぬよう、「計画停電」と称して一定の地域を交代で停電切断する処置が
全世界で成されていた






megu142.jpg


しかし、それにより、貧富の差が生まれ、
しだいに人々の不満が募り、やがてそれは戦争へのきっかけとなるのであった。








megu143.jpg


電力の奪いあいによる、人々の争い・・・







megu144.jpg


そして、世界を救った「リン」による不審な動き・・・




ちくやらギルドはどう動くのか。


世界はどうなってしまうのか。






「巡り廻る。」 ちくやら震災編 第二部







気が向いたらプレイ開始・・・・・






・・・するかも。





































以上、3/11の大震災をうけて、3/23からスポット的に開始した、
「巡り廻る。」のちくやらギルド震災編の話でした。



3/23に開始して、4/9に10話目を書き終えて第一部完にしましたが、
現実問題として、原発事故は収束の気配が全く見えてない状態です。


今回の10話のタイトルである「一年先を考える」は、
まさに私たちの生活や福島原発が一年後どうなっているんだろう・・・という
直近の未来を考えてみたらどうかという提議の意味で話を書きました。



少なくとも数カ月ですべてが解決するわけでなく、
スリーマイル島の事故でもそうですが、10年、いや廃炉に至るには50年くらいも
かかるという、将来に対する完全な負担を強いることになってしまいました。



この将来の負担というのが、今を生きる私たちの世代ではなく
この時代に生まれた赤ちゃんや幼児たちの「次の世代」に課せられたひどい宿命なのです。


それをすべておしつけて「日本の未来は君たちにかかっているからがんばってほしい」などという
身勝手・無責任な発言は許されないと思います。



自分が生きている間にこんなことになるとは夢にも思ってませんでしたが、
だからといって逃げるわけでなく、現実を見て、将来を見据えていきましょう・・・




ということが言いたかったという10話でした。





以上、説教臭い話だけど、もともとそういうのが好きな管理人だから勘弁してください。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/09(土) 22:03:54|
  2. 巡り廻る。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<巡り廻る。第9話「『誰かが何とかしてくれる』の誰かと何かをやってやる!」 | ホーム | Man vs Road(人間 対 道路) 八王子へサバイバル>>

コメント

世界樹4が終わったら・・・

「巡り廻る。」 ちくやら震災編 第二部
をしてほしいです。
個人的にはきりがいいと思うところは・・・
闇の発生を止める戦か

カリバーの戦闘好きなら
幻影の塔 隠された洞窟 太古の遺跡のボスを
倒してほしいです。
  1. 2012/09/19(水) 16:43:46 |
  2. URL |
  3. スラリンガル #avoeBHjE
  4. [ 編集]

読んでいた人がいたとは・・・

正直、そんな感想をうけてしまいました。


世界樹4が終わったらですが、ちょっとゲームから離れるつもりです。
これを初めてそろそろ三ヶ月になりそうですが
この間、土日がほぼ更新作業で潰れてしまったためです。


さすがにちょっとこういうのから離れて自由になりたい気分です。
申し訳ございません。


「巡り廻る。」はあれからまだ話が続くみたいですが、分岐もあるみたいで、思うようにプレイできるかは自信がないですね。
ロマサガっぽい感じがします。
熟知してないと難しそうです。
  1. 2012/09/19(水) 23:30:52 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/691-53728ad0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。