FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

Man vs Road(人間 対 道路) 新横浜からサバイバル

P1007224.jpg


こんにちわ、ルナ・グリルスです。
今日は新横浜に来ています。
4/23ですが、友人の結婚式が行われました。
二次会・三次会と飲み食いしてお祝いしてきました。

生涯独身の私には、結婚は到底真似できることはではありません。
そこだけは本当に感服します。


さて、新横浜に来たということで、ここからのサバイバルをやってみようということにしました。
ただ、ゴール地点をどこにするべきかがあいまいで、
とりあえず北方面の多摩川あたりかその周辺にいければいいかなということで
開始したいと思います。



P1007225.jpg


開始時間は11:11。オール1ですね。




P1007226.jpg


新横浜からは、まず菊名方面を目指します。
「環状2号線」というのがありますので、ここを使っていきます。



P1007227.jpg


この通りには有名な「横浜アリーナ」があります。
この横浜アリーナを通りすぎてさらに直進します。




road20110424-01.jpg

↑クリックで拡大

というわけで、途中のルートを先に公開します。
菊名ではなく、途中から曲がって「綱島街道」こと「国道2号線」を使い
綱島へ向かいます。




P1007230.jpg


この看板が目印です。
すぐ近くには港北区の区役所もあります。




P1007233.jpg


そして綱島街道をまっすぐいくと綱島につきますが、
駅に着く前にこの看板を目にするはずです。


実は、以前「川崎⇒登戸」を徒歩やった時に
府中街道を歩いていたのですが、その時に「綱島街道」と交わったことがあります。

なので、この綱島街道をまっすぐいくと、そのまま「武蔵小杉」に行けるのです。
新横浜からサバイバルということで、見知った道である武蔵小杉にいければ
それはそれでクリアかとおもったのですが、
それだとあと1時間も歩けばついてしまいます。
すると、開始して2時間かからず終了となってしまい、
「それでは物足りない」ということで、今回わざと違うルートにします。


この看板にある、「106号線」を使っていくことにしましょう。
なお、当然無策でこんなことは言ってません。
一応事前にざっくりとですが、「106号線⇒14号線」にいければ
溝の口近辺に到着できるはず・・・という調べがついています。




しかし、今回その考えがこの後とんでもないことにっ・・・!



P1007234.jpg


用を足したくなったので綱島駅に入りました。
なお、今日はものすごくいい天気で、とても暑いです。
熱中症になるとまずいので、「バンダナ」を持参していたので
これを手洗いの所で水にぬらして頭に巻きました。
かなり頭がひんやりしていい感じでした。




P1007241.jpg


というわけで、106号線を歩くことにしたのですが、
なんていうか、街道とはいえない道ばかりでした。

この辺りは坂が多く、上り坂ばかりでした。
そしてなによりきついのが「歩道がない」ことでした。
まじで歩道がないので、車にぶつからないように
しかもとてもせまい車道で、この辺りに住んでいる人は
歩くのが大変、とくに子供が危ないと思いました。


road20110424-03.jpg

↑クリックで拡大

写真に載せると枚数が多すぎるのであえて割愛してますが、
このあたりの道は歩いてみないと危険さが伝わりません。

もうこの時点で「やっぱ2号線を進んでおけばよかったw」と後悔したものです。




P1007250.jpg


そんな感じで上り坂を登り、歩道無しのせまい車道をかいくぐって進み、
今度は下り坂を下って、川崎市の高津区に入り、
このようなT字路に来ました。



「え?T字路? まっすぐじゃなかったっけ?」



ここで困ってしまいました。
たしかまっすぐいけたような・・・と。


けど、見ての通り行き止まりになってます。
実際、車はあっちから来ていて通れない。


つまり、左か右にいかないといけないのですが、
ここは自分の土地勘に賭けて左に進むことにしました。
新横浜を基点とした場合、溝の口は左上のはず・・・というあたりからです。



P1007252.jpg


が・・・見たことのない通りでした。
14号だったら14とあるはずなので、多分違う通りです。




road20110424-02.jpg



道に迷いましたwww


久々に来たなあ・・・これ。
進むか戻るか迷うところですが、ここは進むことにしました。
ここから生還することもサバイバル術の大切なことだと思います。




road20110424-04.jpg


なお、帰宅してから調べましたが、
あのT字路はまっすぐ進んで正解だったようです。


「車は通れないけど人は通れる」

ということですねorz
あのまま14号いってたらもっと楽に溝の口に着いたのに。




P1007253.jpg


現実に話を戻します。
どうにかして自分の向かってる方向を見極めないといけません。

この場合、地図かバス停が役立ちます。
バス停は終着駅がどこなのかを見て進む道が正しいかの判断になる。


地図は無いところにはありませんが、
今回は川沿いにこのような地図がありました。


この地図の方角がどっちなのかよくわからんですが、
自分が右下から来てるとおもったので、
それを元に考えると、川沿いにまっすぐいくと、
いわゆる「田園都市線」にぶつかるので、
そうすると溝の口も田園都市線が走っていたはずだから、
なんとか目的地につけそうな感じがしました。




P1007255.jpg


そして進むと「梶ヶ谷」行きの看板を見つけました。
田園都市線の駅の一つです。
このまままっすぐ行くよりはいいだろうと判断し、
ここで右に曲がりました。

上り坂や下り坂の多い地域で歩くの大変でしたが、進んでいくと・・・



P1007258.jpg


梶ヶ谷駅前でこの看板を見つけました。
まっすぐ行くと駅でこのまま終わっても良かったのですが、
まだ歩き出して3時間にも達してないのです。


ここまできたらもっと歩くかーってことで、
ここで左折することにしました。




P1007259.jpg


が、その前におなかが空いたので
この看板のあるところにコンビニがあったので、
貴重なタンパク源を補給しました。




P1007263.jpg


というわけで、登戸方面を目指します。
ここまできたら勘で行けるところまで行きましょう。

市民プラザ通りというのを進んでましたが
後から調べてもこの通りの街道名はわかりませんでした。
「国道」ではないのかもしれませんね。


途中、地図があったので調べてみました。
大きな道路があるようで、「東名高速道路」のようです。

この高速道路の下を通っていければ南武線にぶつかりそうでしたが
道がよくわからないので、まっすぐ行くことにしました。




P1007265.jpg


この辺りにはバス停がたくさんあり、
終着駅が「宿河原」とか「向ヶ丘遊園」とか「登戸」とかになってました。
だから、歩いている方向は間違えてないようです。

けど、周りがなんていうか不安です。




P1007266.jpg


ひたすら歩いていたら、いつのまにか【山?】っぽいところになってるし・・・
そして川崎市多摩区に入りました。




P1007267.jpg


なんでいつのまにか山道になってんだか・・・とおもいつつも
下り坂を下ります。
この坂を中学生とおもわれる子供が一生懸命自転車をこいで登ろうとしていて
通学や通勤や買出しなど大変なところだなーとおもってしまいました。


そして進むと・・・




P1007268.jpg


なんと、府中街道にぶつかりました。


どこだよ、ここ・・・。


長尾橋というのが目の前にあったので
これを渡ると南武線の宿河原という駅にいけるようです。

もうここをゴールにすることにしました。





P1007269.jpg

P1007270.jpg


というわけで到着。
時間は3.5時間でした。
結構いろんなところを歩いたつもりでしたが、
時間はそれほどでもなかったです。




road20110424-05.jpg

↑クリックで拡大

そしてルートの確認。
これはちょっと難しいルートですね・・・
事前に調べていくには厳しいです。

道を間違えてしまったわりにアドリブがよく効いて
うまくいけたと思いました。

ちなみに府中街道とぶつかったところで左に曲がると
宿河原ではなく、向ヶ丘遊園?あたりにいったのかもしれません。
そうすると、どこかで右に曲がらないと明後日の方向に歩いていたと思います。


勘で歩くのは難しいですね。


スポンサーサイト



  1. 2011/06/12(日) 11:55:21|
  2. Man vs Road(人間 対 道路)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Man vs Road(人間 対 道路) 第一京浜でサバイバル | ホーム | Man vs Road(人間 対 道路) 米軍基地へサバイバル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/698-9ee2ef07

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search