FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

Man vs Road(人間 対 道路) 小田原城でサバイバル

P1007471_20110505160135.jpg


小田原までサバイバルを終えたルナ・グリルスです。
初日8.5時間、二日目7.5時間の合計16時間の徒歩の旅でしたが
すごく疲れたけど達成感は半端ありませんでした。


そんな自分にご褒美がないかなと廻りを探してみたところ
写真のような城が見えました。


そう、小田原城です。
小田原ですから、当然小田原城が観光地となっております。



ということで、ボーナスゲームが勃発。


「16時間歩いた後で小田原城観光を敢行」



あ~、足が痛いぜ・・・



P1007472.jpg

駅の掲示板から小田原城までの行き方をチェック。
まあ、とくに考えずに適当に歩いていれば行ける距離のようです。




P1007473.jpg


小田原城に行く途中のすぐにタイトーステーション発見。
今回の旅で最後のダライアスバーストをプレイです。

ただ、この店舗ではプレイしている人が全然いないようで
解放されている惑星も全然ありませんでした。
どこか適当な2人プレイエリアをクリアしてきました。




P1007474.jpg


小田原城敷地内にある掲示板の地図です。
今まで歩いた距離に比べれば狭いものです。




P1007476.jpg


そして小田原城。
日付は5/3でしたが、観光客でいっぱいでした。
時間帯もちょうどよかったようで、
甲冑を来た地元の人たちが闊歩していて、
鉄砲を撃つパフォーマンスをやってました。
当然、空砲でしょうが、鉄砲を撃った時の音はかなりでかくてビビりました。





P1007478.jpg


P1007477.jpg

朝からろくな食事をとってなかったのでお腹がへりまくりだったので
昼食をとりました。
「北条うどん」と「甘酒」です。

それぞれ700円と300円。

北条うどんは梅干しが入っていて、これをほぐしながら食べます。
スーパー空腹だったから一気に平らげました。



P1007486.jpg


城の中にも入りました。これは最上階から駅方面を撮ったものです。

他、ニホンザルがいたり、地元の高校のチアリーダー部がおどってたり
バザーとかもやってました。

人が多すぎて写真をとろうにもたいてい他の人が写ってしまっているので
ここでは割愛します。



P1007492.jpg


というわけで小田原城を後にしました。
足はなんかもう慣れました。



P1007493.jpg


このまま箱根までいこうかとすら思ったけど、
地図みたら絶望したのでおとなしく帰ることに。

さらば小田原。




P1007495.jpg


そして帰宅。
電車で2時間で帰ってこれました。
行きは二日16時間、帰りは2時間。

時間が違いすぎて悲しくなったw




P1007496.jpg


最後、浜辺で拾った石ころです。
もしこれが放射能浴びていたら、私は100%アウツですが。




以上、小田原への徒歩の旅でした。


ちょっと思ったことをつらつらと書いてみる。


・汗の処理が大変だった。リュックを背負っていると
 背中の汗のかきようがやばい。
 おかげで汗臭くてたまらんかった。タオルはたくさん必要。

・汗の処理と伴って洗濯できる施設が必要。
 コインランドリーでの休憩計画は違う旅では必要かもしれないと思った。

・マスクも必要。やはり車道を長時間歩くので。

・帽子は3000円もするものを買ったけど、買ってよかった。
 これで旅人気分が一層増したし。

・食事はおにぎり一個食べれば3時間は持つ感じだった。

・水はとにかく飲みまくった。アクエリアスが一番飲みやすかった。

・体重は旅の後に測ってみたら微妙に増えていた。
 多分、足の筋肉(ひらめ筋)が発達したんだと思う。
 実際、かなり大きくなってきています。ここだけ。

・体脂肪は一応減っていた。

・今までノンストップで6時間が自分の限界だと思っていたけど、
 休憩いれつつとはいえ8.5時間歩けたのは良かった。

・ただ、時速は5km維持できてなかったので、そこは今後の課題。
 少なくとも7時間ノンストップで歩いて時速を維持できるように
 鍛練したいと思った。

・足のけががなかったのがなかなか良かった。
 二日目を終えた後でも豆ができたり水ぶくれができたりの外傷はなし。
 足首の若干の痛みと筋肉痛だけだった。
 歩こうと思えば三日目もいけたと思う。

・宿はまともや宿を取りたければ東横インなどを調べて
 事前に予約をとるべきだと思った。
 カプセルホテルはカプセル自体が珍しく個室タイプな感じで良かったけど。

・地図は事前に調べて持ち歩けるようにした方がいい。
 スマートフォン持ちなら、歩きながら地図調べることができて便利そう。
 私は持ってないけど。



こんなところかな。
16時間で小田原にいきましたが、藤沢によらずに途中から1号線に行き
ゲーセンに寄り道をしなければ1時間は短縮できたと思うので
実際は15時間でいけると思った。

これを二日に分けずに一日で行けるようになったら「プロ」だなあと。


そのためには足の鍛練が必要。


今まで8時間歩くのは無理だと思ったけど、今回で歩いてしまったので
この8時間を歩く鍛練をしておこうと思いました。


さしあたって、南武線の始発・終点を歩く距離が多分8時間。
また、東京→立川を歩く距離でも7時間は超えるので
これをやるようにすればいいんじゃないかと。

東京→八王子ができれば、それでやっと『普通』かと思った。


あと、普通といえば16時間も歩く距離は、普通は歩かないで
自転車を使うだろうと思った。
なので、自転車の購入を一瞬考えました。
自転車なら16時間を80kmとすると、80kmぐらい一日で余裕でいけるんじゃないかと。

とはいえ、自転車をこぐ力というのは歩く力とは別物だから
そっちはそっちで大変だと思いますが。
自転車は付属品までそろえるとなるとでかい買い物になりすぎるから
どうしても買うの躊躇してしまいます。
歩行よりも時速がでればいいので、ママチャリでもいいっちゃあいいんだけど。


歩行速度よりも時速がでればなんでもいいのであれば
キックスケーターとかどうだろうw

「キックスケーターでサバイバル」はだれもやってないかもしれない新しいジャンルかもですぜ?
途中でぶっ壊れそうな気もするけど。


とりあえず南武線全制覇でも5/7あたりに挑戦してみようかと思います。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/12(日) 12:17:52|
  2. Man vs Road(人間 対 道路)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Man vs Road(人間 対 道路) 小田原までサバイバル 後篇 | ホーム | Man vs Road(人間 対 道路) 雨でリタイヤ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/702-a08ac695

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search