ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Man vs Road(人間 対 道路) 伊勢原から小田原までサバイバル

P1007854.jpg

おはようございます。
ルナ・グリルスです。
早朝の伊勢原に来ています。


二週間前、小田原に別ルートで行こうとして
途中で水ぶくれができてしまい、歩行不可能となりリタイヤしてしまいました。
先週リハビリをしましたが、大丈夫そうなので、本日その続きをすることに。

あいにくの天気ですが、雨の降らない間に小田原に着く必要があります。



P1007856.jpg


開始時間は6:40。
前回の小田原は藤沢から東海道を使って7.5時間歩きましたが、
今回はどうなるか。



road20110604-03_20110619193701.jpg


地図です。
前回のものを使っています。
まず、246号に出て、あとはそれを使ってひたすら直進します。




P1007858.jpg


伊勢原駅北口を出て目の前の踏み切りのあるとおりを右にいきます。
そして246号にでました。
あとはここをひたすら突き進むだけですが・・・





P1007860.jpg


途中でこんなラーメン屋を見つけましたw
「日本一まずい」とかどーなんだ?
地元民の方の感想を聞いてみたい。




P1007861.jpg


ある程度進むと「鶴巻温泉」というところにでます。
ここを左折すると612号になり鶴巻温泉、
さらにもうちょっと進むと東海大学に出るようです。
ですが、今回は特に用がありません。

ちなみに鶴巻温泉は前日の宿屋の候補でもありました。





P1007865.jpg

鶴巻温泉をこえて峠をひとつ越えて秦野むかいます。
ここはちょっとした登り道になってて大変というか、暑いです。
天気は曇り空ですが、やはり夏が近いのと
湿気がすごい。




P1007871.jpg


峠の途中でひとつトンネルをくぐって秦野市に入りました。
そしてこの看板。
初日、もし余力があれば伊勢原ではなく秦野まで歩いて
宿探しをするつもりでした。

が、今回はその必要がないので、そのまま右の246号を進みます。


旅は順調でしたが、ここでおもわぬアクシデントが発生します。




P1007872.jpg


それは、「腹が痛くなった」でした。
普通にウ●コがでそうになってかなり苦しい状況に。


この旅やってて恐れていることのひとつです。
残念ながら人間は腹痛をコントロールすることは難しいのです。
私はそのために旅の途中ではなるべくおなかにモノはいれないようにしています。
にも関わらず、今回これが発症してしまいました。

すぐにでもトイレに行きたいところですが、ここで大きな問題が。
伊勢原から峠を越えてきたときにも気づいたけど
コンビニが本気で全然ないということ。

まじでねーんだわ、これが・・・。
ここで判断することは

1.秦野まで戻ってトイレを探す。
2.この先にコンビニに相当する店があるのを信じて先に進む。
3.ノグるw


私がとった行動は3・・・・・・・・・・・・じゃなくて2。
1は可能性高そうだったけど、あえて耐える道を選びました。


が、これが全然ない。20分・・・30分は我慢しながら歩いてました。
そして・・・




P1007874.jpg


ファミリーマート発見。
我が人生最大の苦境を乗り越えました。

まじで、これは本当に困りますよ・・・。


で、コンビニが全然なく、この先も峠を越えることから
食料を買った方がいいだろうということで、
カロリーメートの小さいのを一箱買いました。




P1007877.jpg


先に進むと、渋沢駅近くに到着。
この時点で2時間10分経過しています。
トイレいかなかったら2時間でこれたかな・・・。




road20110604-04.jpg


次の地図です。
秦野→渋沢→新松田と一応小田急線沿いにいきます。
渋沢から新松田は地図を見る限りでは山の中だと想像できます。




P1007885.jpg


というわけで、峠越えをします。
見てのとおり山の中で、急カーブ注意の看板が見えます。
山道のようですが、歩道はちゃんとあるし道はしっかりしていて、
歩くことに問題はありませんでした。





P1007886.jpg


山の中ということで景色もごらんのとおりです。
空気もおいしい・・・といいたいところだけど、
すぐとなりを車が走っているから
結局排気ガスなんですよね。


と、順調に歩いていたところ、
またしてもアクシデントが!





P1007887.jpg


スネーーーーーーーク!


どうしたスネーク!応答しろ!何があった!?



というわけで、へびがいました。

まじでこれはビビッたw


となりに誰かいたら指差して笑われています。


このへび、実は死骸でした。
踏み潰された感じはないので暑さで干からびたのかも。


しかし、山の中だからへびが出る可能性もなくはないわけで
もしこいつが生きていたらかなり困ったことになっていたと思います。

ベア・グリルスだとこれを捕まえて貴重なタンパク源にするんだろうけど、
ルナ・グリルスはまだへびと戦ったことはありません。
まあ、へびは食べてみたいとかねてからおもってますが。




P1007890.jpg


気を取り直して先に進みます。
するとこんなのがありました。
民主党が始めた「高速道路無料化」は
「社会実験」称して、一部の地域だけに限定して実行されてました。


オレら税金で実験するなよ!


といいたいですが、東日本大震災によって復興にお金が必要なことから
無料化も高速道路の1000円もなくなってしまうことになりました。

まあ、完全にただの「絵に描いた餅」だったと。
早くやめねーかな、ペテン師総理大臣は・・・。




P1007891.jpg


で、先に進むとこの看板が。
小田原編第一回の時に最後255号線を使いましたので
ここから255でいけるならもはや確実なので助かりました。

このまま255に行こうとしましたが、
またしてもアクシデント発生。




P1007892.jpg



それは255には車道はあれど歩道がないのです。
つまり、この看板の先にはいけませんでした。


やべー、困った。
どこにいけばいいんだ?と道にまよってたところで
この看板を見つけました。
看板の上にある道路が255だとおもわれるところです。

が、どうやら別の道で小田原にいけるっぽい。




P1007893.jpg


このときの時間です。





P1007894.jpg


まじでこの道でいいのかわからないけど信じていくしかありません。
今日は曇り空なので太陽の位置がよくわかりませんが、
かすかに見える太陽から自分の歩いている方角が「南」になっていることも確認。
基本的に南にいけば小田原にいけるから多分大丈夫のはず・・・?

いや、西にむかっているのかも・・・。
とにかく道がわかりません。





P1007895.jpg


そしたらこの看板が。
え?左に曲がれば小田原?
じゃあ今まで西を向いて歩いていたことに。

よくわからんなあ・・・

峠をこえて、いったん右に曲がってさっきの看板をみつけ
来た道をまっすぐいったから
南→東→西、そしてこの看板で南になったということかな。




P1007896.jpg


距離はあと10kmでした。

これは近い!

この時点で10:10くらいでした。
つまり、あと2時間もあるけば小田原につきます。

前回の藤沢経由よりも明らかにこっちの方が近い。




road20110604-05.jpg


残りの地図です。
赤い線は【旅に出る前に私が描いた道】です。
今回、このとおりになったかどうかわかりません。




P1007898.jpg


で、あとはまっすぐいけばいいのかとおもったら
またアクシデントで、また歩道がなくなりましたorz

トンネルの上をはしるのが255です。
これに沿っていこうにも道がありません。




P1007899.jpg


どこをどういったかわかりませんが、
田んぼのあぜ道みたいなところを無理矢理とおって
255から離れないようにして進みました。

そしたら再び歩道がでてきた合流成功。
もうホントにわけわからん。




P1007903.jpg


あとはもうただまっすぐいくだけでした。
そうすると、一回目の旅の時も鴨宮あたりから255に合流したので
そのうち、前回の場所と合流するはずです。




P1007906.jpg


ありました。
「巡礼通り」。
前回、ここを通ってました。
これで前回と話がつながりました。


すると、確かこの先は・・・




P1007908.jpg


橋をひとつ渡った先に、タイトーステーション発見。
おもったより早くつきそうなので、せっかくだから寄ってみることに。




P1007912.jpg


が、このお店にあるダライアスバースト、
確かに前回来た時に、えらい攻略が進んだお店だったはずで、
あれから1ヵ月半にまた来るとはおもってませんでしたが
そんだけ時間あれば全てのエリアを攻略してるだろうとおもったら、
本当に攻略されてました。


クロニクルモードは全2007エリアあり、それを全てクリアしたということですが
素直にすげーです。
私は新橋でやってますが、300もいってないとおもう。

おかげで、スコアネームを刻もうにも新規エリアが存在しないわけで
これはこまったというところでしたが、
とある事情により「新宿の白金」の2人プレイエリアをやりました。

なんとかハイスコアとれたので、一応名前をいれてきました。


ここで、25分も遊んでしまいましたが、旅再開。
が、ここから小田原まではあと2kmなのでもうすぐです。





P1007914.jpg


P1007915.jpg


というわけで、到着しました。
6:40開始、12:20到着、ゲーセンで25分遊んだからそれを引いたら
大体で5:30くらいで到着しました。

まさか6時間をきるとはおもわなかった。


前回は
登戸→町田→藤沢→小田原で8.5+7.5=16時間

今回は
登戸→町田→伊勢原→小田原で7.5+5.5=13時間

3時間も差があるのはでかすぎですね。
つまりは15kmも短縮できたということになるので。

これは私もびっくりしました。




P1007919.jpg


さて小田原につきましたが、
明日が会社なので早々に家に帰る必要があります。
あんまりゆっくりできませんが、「前回のやり残しが二つ」あったので
それを消化することに。


ひとつはこの小田原にあるタイトーステーションのダライアスバースト。
この店は誰も遊んでいないのでクロニクルモードも全然進んでませんが、
前回来た時に「新宿の白金」をクリアしようとしてできませんでした。

このエリアは前回の他の店でもクリア失敗してるので
ちゃんと練習してきた・・・という話です。

しっかりクリアしてきました。




P1007921.jpg


もう一個、小田原城に400円で入ると
天守閣にお土産屋があるのですが、ここでキーホルダーを買うこと。
鎌倉編・横須賀編で実はキーホルダーを買っていて
それだと小田原のキーホルダーもやっぱり買っておけばよかったなと。



P1007923.jpg


というわけで買ってきました。
「家紋」のキーホルダーもあったけど、よくわからないからやめておきました。




P1007925.jpg


というわけで、一時間くらいの観光を済ませて
そそくさと小田原をあとにしました。
帰りは小田急線。
ここで、自分の旅路を電車から振り返ります。

基本、線路は近くになったけど、
渋沢→新松田の峠越えの時は線路が近くにあり、
何度か電車を見ています。
なので、今度は電車の中から峠をみようというものです。

「あそこにセブンイレブンあった」
「なぜこんな山の中にあるのかわからないゲーム屋があった」
「電車と道路がもっとも近いところがあった」

など、なかなか楽しかったし達成感を味わえました。



以上、今回の旅路の話でした。
水ぶくれがなければ一泊二日でやりたかったけど
天気が悪すぎてどうにもなりませんね。

晴れの日がないのが辛い。
来週もまた土日は雨らしいし。





P1007928.jpg


最後、水ぶくれですが、
再発はしなかったけどごらんのとおりに皮がむけてしまいました。
まあ、二週間前の古い皮が残っていて、それがむけたという感じ。
はさみで切り取りました。


水ぶくれは再発しなかったけど、右の足首の痛みは再発しました。
どうもここ、慢性的にやられてしまったかもしれない。
関節が痛いのか筋肉が肉離れ気味になっているのかわからないけど
横須賀編から痛いから困ったなあ・・・。

足首を伸ばすのは痛くないけど、上に向けると痛いです。
これだと8時間の旅はちょっと無理になったかもしれません。


小田原編ですが、もし次やるとしたら
小田原から先を歩きたいですね。
箱根越え、熱海行きなど色々あります。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/19(日) 19:53:45|
  2. Man vs Road(人間 対 道路)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Man vs Road(人間 対 道路) 渋谷からサバイバルでリハビリ | ホーム | 世界樹の迷宮4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/713-d5355293

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。