ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第一迷宮 碧照ノ樹海 B2F 老獪な狩猟者は薄暗き藪を好む

P1001440.jpg


ドリス
「小迷宮で親鹿を倒せるくらいになった私達は
 いよいよ地下二階にいくことに・・・


 って、画像の写真がなんか違くない?」



カリバー
「いや、地下二階以降の階段を下りたときにでる各フロアのタイトルが
 今回異様に写真に撮りづらくてさ、結局うまく撮れなかったのよ。
 だから変わりにおっぱいねーちゃんの写真でごまかしているわけだ。


みわく
「こらー!
 文章の強調するところが違うー!
 この痴れ者め!」


カリバー
「痛い痛い」



P1001441.jpg

カリバー
「さて地下二階だが、また熊のFOEを引き連れて、丸太の壁を壊す作業の始まりだ。」


ドリス
「希少種の熊!
 つかまったら一大事よ!」


クイン
「さすがにきつそうですね。」



P1001442.jpg

ドリス
「ああ・・・囲まれてしまったわ!
 絶体絶命!」


カリバー
「というときは、素直にアイテム使って街に戻るのがいいんだけど、
 ここまで来るのが大変だった場合にこういう方法もある。」




P1001443.jpg


カリバー
「あくまでバーストゲージが貯まっていればだが、
 全力逃走というバーストスキルを使うと、このフロアの入り口に戻ることができる。」


クイン
「世界樹シリーズでは騎士系キャラがもってたスキルですね、確か。
 バーストスキルになったのですか。」



P1001445.jpg


P1001446.jpg


ドリス
「いろんなところに兵士さんたちがいて、
 赤い熊を探しているようですが、
 なかなか見つからないようです。」


カリバー
「まあ、丸太を壊さないとだめだからな。
 嫌でも熊をひきつれないといけないわけだ。
 それがわからないといけないところにいるんだろうよ。」




P1001448.jpg

カリバー
「今回、よほどのことがない限り、クエストひとつひとつを説明する気はないのだが、
 このフロアの夜にくると、サソリの敵と戦うクエストがある。

 かなり固い敵で、こちらにスタン攻撃をしかけてくるので要注意だ。」




P1001451.jpg

ドリス
「そして、色々丸太の壁を壊して進んだら、ついに赤い熊を見つけました。」


カリバー
「人間でもかなわなかったのが、漫画の赤カブトだったが、
 オレ達は違うぜ!」


みわく
「わー、本気のカリバーを久しぶりに見れるのじゃ。
 わくわく・・・わくわく・・・」



クイン
「わくわく・・・とかDr.スランプだな・・・。
 わざとやってるわけじゃなさそうだが、漫画のやってる時期が同時期だぞ・・・」




P1001453.jpg

カリバー
「敵の名前は赤カブトではなく、やたらかっこいい名前の血の断裂者。
 
 さて、こいつは最初の1ターン目に全体攻撃のバインドボイスをしかけてくる。
 戦う前にバーストスキルを防御のやつをセットしておき、ゲージがあったら1ターン目で使っておくと
 被害がすくない。」


ドリス
「1ターン目はバインドボイスが来ることを想定し、
 つまり、いきなり即死するようなダメージはこないとみなして各自行動を決めておきます。
 私はリジェネワルツ。」


カリバー
「オレはロックオン。」


クイン
「私は挑発。」


カリバー
「あとは熊のFOEと戦うときと同じように、クインさんの体力にきをつけながら
 ドリスのリジェネワルツで回復できるように、クインさんが前列や後列に移動しながら戦闘。


 オレはロックオンをかけたあとは基本的に通常攻撃しかしないが、
 アームスナイプをしかけてみるのもいい。
 腕縛りはあまり効かないが、弓スキルを使うとクリティカル率があがる
 クラス固有スキルをあてにするのも一つだ。」



P1001454.jpg

カリバー
「腕しばりが成功したら、一切の攻撃を封じれるのでたこ殴りのチャンスだ。
 が、縛り時間もそんな長いわけではないので、ちゃんと毎ターン確認しておかないと
 調子にのって返り討ちにされたりするぞ。」




P1001455.jpg

P1001456.jpg

カリバー
「普通の熊と違うのは、この力溜め攻撃だ。
 力溜めを2ターンやったら、一列のでかいダメージの攻撃をしてくる。

 今のところ、前列にしかやってこないのと、2ターンは棒立ちになるわけだから、
 攻撃やスキルの掛けなおしのチャンスになっている。」


ドリス
「なんかむしろ戦いやすくなってるわよね。」


クイン
「私が前列で防御していればいいだけですからね。」




P1001457.jpg

カリバー
「体力を半分減らすと、なんと逃げてしまった。
 このまま地下三階にいってもいいが、街へ戻って回復してからくるのが賢明だろう。」




P1001458.jpg

カリバー
「地下三階におりたらいきなり戦うことができるのだが、
 体力は半分減った状態からはじまる。

 ここまで戦えたのなら、続きも楽だろう。
 そのまま撃破して終了だ。」




P1001460.jpg

カリバー
「という赤カブトの撃破成功。」


ドリス
「やったあ!」


みわく
「わーい!」


クイン
(勝ったときのこの女達の喜びようも、以前から変わってないなあ)




P1001461.jpg

ドリス
「赤い熊のFOEを倒しましたが、
 それによって、この第一迷宮の大ボスが怒り狂っているようです。
 
 当然だけど、これだけじゃ終わらなかったわね。

 というより、地下三階でもう大ボスなの?」


カリバー
「小迷宮の数を足したら、きっちりフロア5回分の冒険はしているぞ。
 決してボリュームが減ったというわけでもあるまい。」


クイン
「そうですね。」


カリバー
「とにかく街に一旦戻るか。
 これでミッション完了ってわけにもいかないだろうから、
 また何かあるぜ。」
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 17:50:49|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<小迷宮 小さな果樹林 木漏れ日の中、小鹿と踊れ | ホーム | ちくやらギルドQRコード紹介>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/721-33dd1bd6

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。