ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第4大地 絶界雲上域 積み上げられし理想の崩れた大地


P1002541.jpg

ドリス
「イクサビトにかかった巨人の呪いを解くために
 私達は第3迷宮の奥にいるホムラミズチの撃破に成功。
 無事、巨人の心臓を手に入れ、巫女さんの力でもって、巨人の呪いを解くことができました。

 その晩、宴の最中にワールウィンドさんが巫女さんと巨人の心臓をさらって逃走。
 一人先に第4大地へいってしまいました。」


クイン
「これを我々が追いかけに、第4大地に入りましたが・・・」


みわく
「なんじゃ?
 わらわと同じ気球ではないものに取り囲まれておる!」


カリバー
「・・・戦艦か?」



P1002543.jpg

P1002544.jpg

P1002545.jpg

ドリス
「帝国ですって?
 なんか飛んでもないところに来ちゃったみたいよ?」


クイン
「騎士・・・?
 あの逃げたワールウィンドは、もしかしたらこの帝国と名乗る者たちの同胞だったと?」


カリバー
「ああ、なるほど。いままで気づかなかった。

 辺境伯が自ら「辺境」を名乗っていたのは
 当然、どこかに辺境ではない中央があるからだったんだな。


 それがこの世界樹のある場所、帝国だったのか。」


みわく
「偶然ではないのか?
 あのキザな男が帝国の存在を知っていたとは思えぬぞ?」


カリバー
「帝国のことはしらんだろうけど、世界樹を中央とした辺境にいることは
 わかっていたってことだよ。」


ドリス
「とにかく戻りましょう。
 先に進めないわ。」




P1002546.jpg

P1002547.jpg

P1002548.jpg

ドリス
「タルシスに戻って辺境伯に報告したところ、
 帝国との協議に応じるということになりました。

 その護衛には私達がつきます。」


クイン
「・・・・」


ドリス
「さっきからクインさんがずっと考え事してますが・・・」


カリバー
「一応この人も騎士道の人だからな。
 ワールウィンドの取った行動が騎士道にのっとっているのか
 色々思うところもあるんだろうよ。」




P1002550.jpg

みわく
「うわーん!
 またわらわの体をおもちゃにされたー!」



ドリス
「だから女の子がそんなこと言ってはいけません!」




P1002552_20120805102349.jpg

P1002553.jpg

カリバー
「そして顔がスナイパーにそっくりさんな港長も同行することになった。」


クイン
「おそらく、護衛の私達に何かあったときに
 気球を操作して辺境伯を逃がすためでしょう。」


ドリス
「あ、クインさんが喋った。」


クイン
「喋りますよ、そりゃ・・・。
 今回、騎士とはなんたるかという話が見れそうですね。

 私は野良犬騎士に堕ちた騎士道崩れの人間ですが、
 今後の展開は活目していきますので。」




P1002554.jpg

ドリス
「というわけで、辺境伯を乗せた私達は会見場所へと向かいました。

 第4大地を全然探索できてませんが、一旦話を区切ります。」

スポンサーサイト
  1. 2012/08/05(日) 10:28:32|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第3迷宮 金剛獣ノ岩窟 B3F 業炎を浴び、戦士の剣身は光り輝く | ホーム | 小迷宮 南の聖堂 小さな希望が生まれた聖なる学び舎>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/741-9da16977

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。