ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第1迷宮 B3F 追う者よ、追われる身の恐怖を知れ(裏ルート)


P1003135.jpg

ドリス
「第五迷宮に入るための認証を得るための探索もいよいよ大詰めです。
 ついに第一迷宮まで戻ってきました。

 ここで土の認証を得ればやっと第五迷宮に入れるはずです。」




P1003139_20120812111324.jpg

P1003140_20120812111323.jpg

カリバー
「第一迷宮だから、なつかしの熊がでてくる。
 やはり丸太を壊させていく展開になるのだが、
 戦うと実はかなり強かった。」


クイン
「なんか通常攻撃なのに複数攻撃をしてきます。
 後列乱入作戦だからダメージを抑えてますが
 普通に戦ったらかなりまずいことになっていたかもしれません。」


ドリス
「取り巻きのバッチが呪いをかけてくるため
 私がリフレシュワルツを使って解除しないと
 カリバーが反射ダメージでやられてしまうというのもありました。」




P1003136_20120812111741.jpg

カリバー
「あと、酒場でクエストも受けておいた。
 これを受けると・・・。」




P1003143_20120812111842.jpg

P1003144_20120812111842.jpg

P1003145_20120812111842.jpg

カリバー
「このような謎の魔物の出現を示すメッセージがでてくる。」


ドリス
「第一迷宮のボスのいる部屋の扉を開けたあたりです。」


クイン
「とりあえず後回しですよね。
 先に認証を得ましょう。」


カリバー
「なお、第5迷宮から第一迷宮まで歩くのは本当にしんどいので
 ここでボス後ろの石版の扉をあけることができたら、
 あとは第一迷宮から来ることができるので、やっと楽になったよ。」


みわく
「第二迷宮でもできたではないか。」


カリバー
「ああ・・・そういえばそうだったな・・・。
 なぜかその時は思いつかなかったよ・・・。」





P1003149_20120812112326.jpg

ドリス
「カリバーの言うとおり、第一迷宮からやってきた場合、
 おびえた兵士さんに遭遇します。

 なんか相当大変な魔物がいるみたいよ・・・。」


カリバー
「後だ。後。」




P1003147_20120812112124.jpg

P1003148_20120812112124.jpg

カリバー
「そして世界樹封印計画の最後のメッセージが。

 世界樹が暴走したときに、封印以外での対策があったみたいだな。」


クイン
「何か問題もあったみたいですが・・・。
 まさかそれが巨人のこと?」


みわく
「・・・・・・・・・」




P1003150_20120812112446.jpg

P1003151_20120812112446.jpg

カリバー
「熊二体は相手できないから、うまく誘導してここを突破すると・・・」





P1003152_20120812112532.jpg

P1003153_20120812112532.jpg

P1003154_20120812112532.jpg

カリバー
「最後の土の認証を得ることができた。
 どうやら第五迷宮の扉も開いたようだな。」


ドリス
「ここまでかなり大変でした。」


クイン
「通常の迷宮をもぐっているのとかわらないボリュームでしたね。」


みわく
「お前達が実際に歩いてきたように、
 世界樹の影響力はこのタルシス近辺にまで及ぶということがわかったじゃろう。

 よって、世界樹周辺の土壌はすべて世界樹の管理下にあったというわけじゃ。

 帝国の皇子とやらが世界樹を使って植人化を発生させようとした場合
 この第一世界にまで影響が来る可能性は大いにあるぞ。」


ドリス
「帝国の祖先は大地を操作する研究をやっていたということ?」


みわく
「うむ。

 何が原因で作物が育たなくなったのかはわからんかった。
 なぜなら、世界樹が大地を全てリセットしておるため、
 以後、世界樹による情報しか大地に刻まれてないからじゃ。」



カリバー
「うーん・・・わかりやすくいうと、
 やはりデータの上書きみたいなイメージなのか?」


みわく
「植物は基本土で育つが、土が悪ければ作物も当然育たぬ。
 よって、植物が育つような土に強制的に上書きしたのが世界樹計画とやらじゃな。

 ただ、それはそれで過去に暴走騒ぎがあったようじゃが
 結果として、大地は作物が育つようになったわけじゃ。」



クイン
「ではなぜまた作物が育たなくなったりのですか?」



みわく
「そこじゃが、調べてみたら恐ろしいことがわかった。
 それは・・・」



カリバー
「おっと。
 そこまでだ。」


カリバーがみわくの口をふさぐ。



みわく
「もがもが・・・」



ドリス
「どうして止めるのよ。」



カリバー
「なんでもかんでも教えてもらって解決じゃつまらんだろ。
 頭使えってことだよ。」



ドリス
「むかー!
 私がバカみたいじゃない!」


クイン
(カリバーの洞察力を基準にされると、私とドリスがバカに見えても仕方ないかもしれないが・・・)




P1003146_20120812113639.jpg

カリバー
「第五迷宮に行く前に
 この第一迷宮に逃げたらしい魔物を倒していこう。
 ほっておくと犠牲者が増えるだけだからな。」





P1003181.jpg

P1003182_20120812113638.jpg

P1003183_20120812113638.jpg

ドリス
「うわあ・・・なんておぞましい・・・。」


クイン
「帝国の祖先の研究で作られたキメラでしょうか。」


みわく
「ウロビトやイクサビトを作った人間による不始末の一つじゃろう。
 かわいそうに・・・。」




P1003185_20120812113638.jpg

カリバー
「さて攻略だが、まず火属性の攻撃が多いので防御陣形Ⅱで防御固める。
 基本、クインさんが前列で挑発⇒防御をして、
 オレが観測からスコールショットだ。」




P1003186.jpg

ドリス
「ただし、炎属性の攻撃の中で盲目効果があるものもあるので、
 私が同列でリフレシュワルツを使って解除します。」



P1003188_20120812114346.jpg

カリバー
「ダメージはでかいのが多いが、クインさんがランパート・防御陣形Ⅱを使っていれば
 まず耐えられる。
 後列のオレ達はドリスのリジェネワルツとリフレシュワルツで回復しながら戦う。

 あとはオレがヴァンガードと観測でスコールショットをやっていればいい。」




P1003190_20120812114537.jpg

P1003192.jpg

カリバー
「倒した素材からは砲剣ができた。
 弓でなくて残念。」




P1003171.jpg

P1003177.jpg

P1003178_20120812114807.jpg

P1003179.jpg

P1003180_20120812114807.jpg

ドリス
「あと、辺境伯さんからの依頼のクエストをダイジェストで紹介します。」


カリバー
「この人、本当に名言を連発するよね。

 『お金をいくら払っても買い戻せない大事なものがある』

 とか、シリーズ通して一番いい執政者だと思うわ。」




P1003193_20120812115034.jpg

カリバー
「最後、第4迷宮のFOEを倒してなかったので倒しにいく。

 監視ロボットより置物ロボットの方が怖いので、そっちの対策が必要だ。
 炎の守りを装備しておく。」




P1003195_20120812115033.jpg

P1003196_20120812115033.jpg

カリバー
「やはり先に監視ロボットの方から攻撃。
 乱入前に倒せるならそれがいいんだけど、まあうまくいかない。

 置物ロボットの方はフレイムスロワーが連続してあたって痛いので
 防御陣形2と炎の守りでダメージを下げておく。」


クイン
「これ、本当に対策を取らないと、私でも1ターンで倒されてしまうくらいの威力があります。」



P1003198.jpg

カリバー
「あとはねじ切る険牙が怖いので、頭縛りに攻撃を集中する。」




P1003199.jpg

カリバー
「これで撃破完了だ。


 いよいよ、次は第五迷宮に突入するぞ。」



ドリス
「大分時間かかってしまったわ・・・。
 もう手遅れじゃないかしら。」


クイン
「だとしても、行くしかありません。」


ドリス
「ですね。
 何もしないでただ滅びを待つよりは、私達が行ってなんとかしないといけませんね!」



スポンサーサイト
  1. 2012/08/12(日) 11:56:50|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第2迷宮 B3F 哀しき守り手よ、その宿業を終えよ(裏ルート) | ホーム | 第5迷宮 煌天破ノ都 B1F 心持たぬ魔神が見た永劫たる楽園の夢 前編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/752-1eac16a1

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。