ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第6迷宮 暗国ノ殿 B1F 禁書の墓場、捻じ曲げられた千の叡智 後編

P1003556_20120902093343.jpg

ドリス
「世界樹4もついに終盤へ突入。
 
 世界樹の力を使って大地の浄化を図った帝国でしたが、
 そもそもその周辺の大地を腐らせているのは何者なのか。

 ちくやらギルド独自の推理によって、大地の地下に何かがいるということになりました。

 そしていよいよ第六迷宮に足を踏み入れます。」


カリバー
「というより、攻略の都合上、すでに入っているんだけどねw
 防具の「エレメントクローク」とか、ここでしか手に入らないし。

 話の整理上ってことにしといてくれ。」




P1003557_20120902093343.jpg

P1003558_20120902093343.jpg

P1003559_20120902093343.jpg

ドリス
「第六迷宮に入ってみたはいいものの、ものすごく薄暗くて怖いわ・・・。
 お化けとかでてきそう・・・。」


クイン
「地下にあるから光が届かないのですよ。
 しかし、かなり年代ものの建物のようですね。」


みわく
「南の聖堂や第4迷宮と違い、植物が生えておらぬので、
 わらわの狂乱ドールをもって中を探索してくれなのじゃ。」


ドリス
「わかったわ。」


カリバー
「ふーむ。
 推理だと、世界樹を作った人らのいた場所だと思うんだが
 果たしてどうかな。」




P1003670_20120902095144.jpg

P1003671_20120902095144.jpg

P1003672_20120902095143.jpg

ドリス
「きゃあ!
 がいこつが・・・」


クイン
「死後かなりたっているようですね。
 なぜこのような道端で倒れたんでしょうか。」


カリバー
「蟲・・・『むし』?」


みわく
「虫か。
 ふむふむ、虫と植物はもちつもたれつの関係じゃが、
 なかには植物を食べつくしてしまう悪い虫もおるの。」


カリバー
「なるほど・・・。
 多分といわず、この『蟲』というのが
 最後の敵だろ。

 こんな意味深なメッセージを意味もなく出すわけないからな。」


ドリス
「虫が敵なの?
 気持ち悪そう・・・」


クイン
「地下に虫がいる・・・?
 植物が生えている迷宮じゃないのに。」




P1003673_20120902100035.jpg

P1003674.jpg

P1003675.jpg

P1003676_20120902100034.jpg

ドリス
「迷宮の探索を続けていると、研究日誌のようなものを見つけました。
 重要な情報が得られそうです。」


クイン
「おそらく帝国の祖先が書いたものでしょう。
 何か恐ろしい天変地異が発生して、みな避難していたようですね。」


カリバー
「なんだろうな・・・
 地震なのか火山爆発なのか、はたまた世紀末救世主伝説が始まるような
 199x年みたいなことがおきたのか・・・。

 ただ、これが原因で食糧危機みたいなことになっていくんじゃないかな。」




P1003804_20120902101424.jpg

ドリス
「この地下一階ですが、やはりショートカットの目印は当然なくて、
 ショートカットがありそうなところに近づいたら
 自分で壁をひとつずつ調べていく必要があります。」




P1003805.jpg

P1003806_20120902101832.jpg

ドリス
「迷宮にいるFOEと戦ってみました。
 第二大地にいた羊のFOEのパワーアップ版のようです。

 催眠ではなく石化をしてきます。」


クイン
「リフレシュワルツだと全員石化になると全滅扱いになるため
 フォートレスの『聖なる加護』の方が安全ですね。
 このスキルは一度だけ状態異常を完全に防ぐという便利なものです。」




P1003809_20120902101832.jpg

カリバー
「通常ドロップ品は『解剖用水溶液』の材料となる。
 これでようやく補充が可能になったというわけだ。
 ありがたい。」




P1003810_20120902102920.jpg

P1003811_20120902102919.jpg

P1003812.jpg

P1003813_20120902102919.jpg

ドリス
「さらに日誌を発見しました。
 さきほどカリバーが指摘したとおりで、食料危機に陥ってしまったようです。」


クイン
「謎の天変地異で大地が汚れてしまい、毒の作物ができるようになってしまったのですね。」


カリバー
「やっぱ、核戦争でもあったんじゃないのか。
 それか原発事故の爆発とか・・・。」


みわく
「自然災害でおきた被害では大地が毒に覆われるなどありえぬ。
 おぬしら人間の所業に間違いない。」


クイン
「いずれにしろ、これが世界樹を作る計画のきっかけになったようですね。」




P1003814_20120902103545.jpg

ドリス
「羊さんが三匹走っているところにきました。
 ちょっとかわいいかもしれません。」


カリバー
「戦闘になっても、このFOEはFOE同士でぶつかっているため
 横からぶつかるなどすれば乱入されない。

 正面と背後から挟み込まれたらさすがに乱入されるけどね。」





P1003817.jpg

ドリス
「マップの端にいったら、反対方向にでてしまいました。
 どうやら第二迷宮と同じようにワープするようになっているみたいです。」




P1003818.jpg

P1003819_20120902103544.jpg

P1003820_20120902103544.jpg

ドリス
「さらに探索を続けていると、石像がたくさん・・・。
 これ、絶対罠よ・・・。」


カリバー
「そうとわかっていてもかからずにいられないのが冒険者だw」




P1003821.jpg

P1003822_20120902104111.jpg

P1003823_20120902104111.jpg

クイン
「本当に罠でしたが、運よく生き延びました。
 危なすぎですよ、これ・・・。」



P1003826_20120902104237.jpg

ドリス
「とにかくいろんなところにショートカットがあって、かなり大変です。
 いつになったら下への階段が見つかるのかしら・・・。」




P1003900_20120902104806.jpg

P1003901_20120902104806.jpg

P1003902_20120902104805.jpg

P1003903_20120902104805.jpg

ドリス
「ついに世界樹の名前がでてきました。
 大方の推測どおりで、大地が毒で汚されてしまったのを浄化する計画が始められたようです。
 世界樹計画です。」


クイン
「自らの生態系を変化とか、恐ろしい言葉がよくでてきますね。
 やはり過去に高度な科学文明があり、それが元で天変地異的な事故か戦争が発生。
 その科学力が原因で大地が腐ってしまった。
 
 それをまた科学の力で浄化しようとした。」


みわく
「なんとも無茶苦茶な話じゃな。
 植物の妖怪のわらわとしては、こんな奴らは全部死んでしまえばよかったと思うぞ。」


カリバー
「物騒なことをいってるが、そう思っても仕方がないな。
 今回の世界樹の話はただ単に
 すべて人間が悪いだけでしたというような気がする。」




P1003906_20120902105311.jpg

カリバー
「そして下への階段近くでエレメントクロークが手に入る。
 三属性攻撃に対して耐性がある装備だ。
 たかが10%の耐性アップだが、元のダメージがでかければそれなりに軽減してくれるので
 かなり重要アイテムだと思う。」



P1003905_20120902105310.jpg

ドリス
「そしてようやく下への階段を見つけました。

 色々な研究日誌を元に明らかになっていく世界樹計画。
 これからさらにどんな謎が明らかにされていくのでしょうか。」

スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 10:56:54|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第6迷宮 暗国ノ殿 B1F 禁書の墓場、捻じ曲げられた千の叡智 前編 | ホーム | 第6迷宮 暗国ノ殿 B2F 勇者たちが歩む、光なき漆黒の回廊>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/761-fd66f103

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。