ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第6迷宮 暗国ノ殿 B2F 勇者たちが歩む、光なき漆黒の回廊

P1003907_20120902124810.jpg

ドリス
「いよいよ、第六迷宮に入りました。
 じょじょに明かされる世界樹と、帝国祖先の謎。

 そして地下二階に来ましたが・・・。

 いきなりダメージゾーンだらけです。」


クイン
「私がヒール技を持っているので、こまめに回復していきましょう。」




P1003909.jpg

ドリス
「そして先に進んだら今度はまっくらな部屋へ。
 先が全く見えないのですが、とりあえず進んでみたら・・・。」




P1003910_20120902124810.jpg

ドリス
「暗闇の部屋の入り口の扉まで戻されてしまいました。」


カリバー
「これは、正しいルートを通らないと何度もでも入り口に戻されるという仕組みのようだな。」




P1003911_20120902124810.jpg

P1003912_20120902124810.jpg

カリバー
「こんな感じで正しいルートを通るまでは何度もやり直しをするしかないという仕組みだ。」


ドリス
「えええええ!?
 そんなの大変じゃない・・・。」


みわく
「なにかヒントみたいなのはないものかのう。
 あてずっぽうすぎるぞ。」


カリバー
「うーん・・・ちょっと今じゃ情報が足りなくてわからんな。
 まあ、オレがスナイパーのスキルにある「カモフラージュ」のレベルを上げれば
 敵とのエンカウント率も下がるから、あとはただ忍耐の問題になるんじゃないかな。」


クイン
「今までの世界樹シリーズに比べれば全然らくだと思いますよ。
 そういえば、今回は階数が少ないせいか、落とし穴などを使った
 2階分を使った迷路の仕掛けはありませんね。」


カリバー
「世界樹1とか3とかではよくあったなあ・・・。」




P1003914_20120902124809.jpg

ドリス
「第六迷宮の敵はどれも強いのですが、
 その中で第二迷宮に住んでいたはずのホロウがでてきました。」


クイン
「なぜこんなところに・・・。
 帝国祖先の時代からいたのでしょうか。」




P1003917_20120902125923.jpg

P1003918_20120902125923.jpg

ドリス
「さきに進むとまた罠っぽいものが・・・。
 またやらないとだめ?」


カリバー
「まあ、罠にかかってみた。普通に植物系の雑魚敵と昆虫系の雑魚敵との戦闘だった。」




P1003942_20120902130521.jpg

P1003943_20120902130521.jpg

P1003944.jpg

P1003945_20120902130520.jpg

ドリス
「また研究日誌を見つけました。
 この内容はおそらく、ウロビトさん・イクサビトさんを作ったという話?」



カリバー
「だろうね。
 世界樹計画とは別の生態系を変える計画の方を使ったと思われる。

 毒物に対応できる新しい人工生命体を作ったというわけだ。」


クイン
「とことん恐ろしい話ですね・・・。」


みわく
「胸糞の悪くなる話じゃ!
 自然の摂理に逆らうようなことばかりしおってー!」




P1003950.jpg

ドリス
「ダメージゾーンの部屋とくらやみの部屋を突破して、中継地点のような場所にやってきました。
 早速ショートカットを見つけて開通します。」




P1003946_20120902131249.jpg

P1003947.jpg

P1003948.jpg

P1003949_20120902131249.jpg

ドリス
「その中継地点にはこのような謎のメッセージがありました。」


カリバー
「?
 どういうことだ?
 虫が最後の敵だと思ったけど、『蟲についたかの者』だと?」


クイン
「喰らう者というのがいて、それを蟲に封印した?」


みわく
「この喰らう者というのが、諸悪の根源かも知れぬな。」




P1003952.jpg

P1003953_20120902131821.jpg

ドリス
「ここから先の探索に入る前に地下一階への階段と、地下一階ではショートカットを開通しておきます。

 さてどうしましょう。
 この中間地点からはマップでいうと右の方と左の方にそれぞれ扉があります。」


カリバー
「なんとなくだが右の部屋から調べてみるか。」




P1003954.jpg

ドリス
「右の部屋はダメージゾーンだらけの部屋でした。
 その中をかぼちゃのFOE三体がとびまわっています。」


カリバー
「懐かしいな。
 世界樹2にいたような気がする。
 このかぼちゃFOEは。」



P1003959_20120902132228.jpg

ドリス
「動きは巡回型のようで、こちらから接触しなければ戦闘にはならないようです。
 うまく動きを避けて部屋の探索をしましょう。」


クイン
「これは私のヒールが大活躍ですね。」




P1003961.jpg

P1003968_20120902132914.jpg

クイン
「このダメージゾーンの部屋で、私の最強鎧の素材が入ります。
 今作はボスのレア素材だけでは作られないようになっているのは、
 ゲームバランス調整のためでしょう。」




P1003965.jpg

P1003966.jpg

P1003967_20120902132913.jpg

カリバー
「あとは意味ありげな人形を拾った。
 

 てことで、どうもこのダメージゾーンの方には地下三階への階段はないみたいだ。」


ドリス
「では左の部屋にいきましょう。」



カリバー
「と、その前にかぼちゃFOEと戦ってみよう。」





P1003973_20120902134356.jpg

カリバー
「三体まとめて入られたらやばいので、外から一体ずつ戦っていく。
 どうもこいつらはどれか一体でも戦闘になったら赤くなって乱入してくるようだ。」




P1003971_20120902134218.jpg

カリバー
「では最初の一体目。
 青い頭の奴で『三頭飛南瓜』という。

 物理攻撃に耐性があるのか、まともな攻撃ではダメージが当たらない。
 幸い、シルバーアローはダメージが通るようなので、これを使っていく。

 ただ、腕縛りをしてくるので、リカバリワルツなどでの予防が必要。」





P1003975_20120902134218.jpg


P1003977.jpg

カリバー
「次は三体の真ん中にいる奴で、『幻惑の飛南瓜』。
 炎の属性攻撃と回復魔法を使う。
 
 特に回復魔法がやっかいでかなりの回復量があるため、
 チャージ⇒インパクトを使ってもなかなかとどめをさせない。

 頭縛りをすれば封じれるので、まずはそっちからがいい。」




P1003979.jpg

カリバー
「最後は『呪われし飛南瓜』。

 多分この三体の中では一番強いと思う。
 荒れ狂うツタという全体複数攻撃がかなり痛い。

 魅了の邪眼や防御陣形などできっちり物理対策してないと、
 こいつだけで全滅を喰らうこともある。

 足縛りもしてくるので、ダンサーのドリスは特に注意だ。」




P1003988.jpg

カリバー
「現時点のオレ達ではかなり強かったので、
 解剖用水溶液は一個しか使えなかった。

 また後日再戦が必要だな。」





P1003991_20120902141342.jpg

P1003992_20120902141342.jpg

P1003995.jpg

P1003997_20120902141342.jpg

カリバー
「あと、もしたから右のダメージゾーンの部屋の先かもしれないが
 ちょっと忘れてしまった。

 前に拾った人形を夫婦の人形のところにおくと
 血まみれの戦槌が入るというイベントがあった。」





P1004001_20120902141854.jpg

ドリス
「それでは左の部屋にいきます。
 やはり真っ暗な部屋で、間違ったところを歩くと入り口に戻されてしまいます。」


 

P1004017_20120902141854.jpg

カリバー
「ここまでヒントがなかった場合は諦めてトライ&エラーでしらみ潰しをするしかない。
 まあ、やってればいつか出られるんだから、気長にやることかな。」




P1004018_20120902141933.jpg

P1004020.jpg

カリバー
「なお、ここの途中で『解魔の札』が使える装備が手に入る。
 あの冥竜対策用にアイテムがちゃんと用意されていたって話だな。」




P1004022_20120902142701.jpg

ドリス
「なんとか暗闇の部屋を突破しました。

 と思ったにその先にですが・・・」





P1004023.jpg

P1004024.jpg

ドリス
「こんな無人の迷宮にテーブルと椅子が用意されて、
 さらには『赤いぷよぷよとしたもの』が置かれてました。


 何これー!こわいー!」


クイン
「いや、これ、毒でしょう。
 毎回罠にかかっている私達ですが、さすがにこれは勘弁してください。」


カリバー
「これが「Man vs Wild」で有名な「ベア・グリルス」だったら
 躊躇せず食べるだろうがなー。

 あの人の悪食にかなう奴はいないだろうが、
 なんかそれをいったらオレがやらないとだめな気がしてきたぜ。

 よし、ちょっとだけ食べてみる。」



そういってカリバーは、ぷよぷよしたもの端っこだけを切り取って食べてみた。



カリバー
「う・・・」



ドリス
「ああ!やっぱり毒だった!」


クイン
「早く吐き出してください!」



カリバー
う・・・


みわく
「うわーん!カリバーしんじゃやだー!」







ajiouのコピー

カリバー
「う~ま~い~ぞ~!」



ドリス
「ズコー!」



カリバー
「なんという歯ざわり!
 そしてなんという弾力!
 そのぷよぷよした形からなんともいえぬ食感が!
 そして噛み締める度にぷよぷよから出てくる液体がなんともジューシー!
 こんなうまいものは食べたことがない!」



クイン
「えええ!?」


カリバー
「お前達も食べてみろよ。
 うまいから。」


ドリス
「い・・・いや・・・遠慮しとくわ。」


クイン
「私も・・・。」


みわく
「狂乱ドールじゃなければわらわも食べてみたかった・・・。」




P1004025.jpg

カリバー
「あー、旨かった。」


ドリス
「というわけで、カリバーだけ完全回復しました。
 本当は大丈夫だったのかしら。」


クイン
「ていうか不思議じゃないですか。
 誰があんなところに椅子とテーブルと食べ物を用意してたのか。
 この迷宮は無人なのに・・・。」


ドリス
「あ!

 無人かもしれないけど、人っぽいのはいるじゃないですか!」


クイン
「!
 ああ!
 ホロウですね。

 そうか、あれはホロウの住処だったのかもしれませんね。
 だとしたら納得ですが、じゃああのぷよぷよしたものは
 なんで作られていたんでしょう。」


ドリス
「それはもちろんこの迷宮の・・・」


カリバー
「うげ!」









しばらくお待ちください。

















カリバー
「ぜーはーぜーはー。
 お前らが変なこというから、本当に想像しちゃったじゃねえか・・・。」



ドリス
「やっぱり変なものは食べちゃいけないのよ。」


クイン
「そうですね。」


みわく
「うむうむ。」





P1004027.jpg

P1004028.jpg

P1004029.jpg

P1004030.jpg

ドリス
「気を取り直して探索を続けたら、また新しい日誌を発見しました。
 イクサビトとウロビトのことが書かれています。」


みわく
「なんかもう滅茶苦茶じゃ!
 イクサビトがあんな姿なのは気になっていたが・・・。」


クイン
「こんなことをしていたら、彼らを使い捨ての道具扱いにしてもおかしくないですね。
 今の皇子もそういう認識だったのでしょうか。」




P1004169_20120902144352.jpg

P1004170_20120902145000.jpg


カリバー
「というわけで、なんだかんだでノーヒントの気合で地下三階への階段を見つけた。
 地下一階も磁軸の近くにショートカットがあるので、
 これで地下三階へはすぐいけるようになったわけだ。」


ドリス
「でも本当に大変だったわ。
 ノーヒントってのはあんまりじゃない?」


カリバー
「いや、実はヒントはすぐあったんだよ。
 気づいたときは地下三階にいった後だったから、あまりにも遅すぎたが。」


ドリス
「え?どこに?」





P1004982_20120902144944.jpg

カリバー
「これをよく見てほしい。地下二階入って最初のダメージゾーンと暗闇の部屋だ。
 『×』になってるのがダメージゾーン、
 『◎』になってるのが暗闇の部屋の入り口に戻されるところ。

 よーく見てみると・・・」


ドリス
「あああ!」


クイン
「へー、なるほど。」


みわく
「そういうことじゃったのか。
 それは気づかなかったぞ。」


カリバー
「中継地点からのでかいダメージゾーンと暗闇の部屋も
 全く同じ関係になっていた。
 なかなか面白い仕掛けだと思ったよ。
 途中で気づけなかったのが、本当に残念だったw」


スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 13:54:22|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<第6迷宮 暗国ノ殿 B1F 禁書の墓場、捻じ曲げられた千の叡智 後編 | ホーム | 第6迷宮 暗国ノ殿 B3F 狂気が残せし遺産、神樹を喰らう者 前編>>

コメント

ネタバレになるかもしれませんが…
1階のパンや2階の人形の末路は見られましたか?
中々不気味なので良かったらどうぞ
  1. 2012/09/02(日) 19:32:10 |
  2. URL |
  3. #EYHk2CZE
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> ネタバレになるかもしれませんが…
> 1階のパンや2階の人形の末路は見られましたか?
> 中々不気味なので良かったらどうぞ


いえ、知りません。
人形はまだ続きがあるんですか。

やってみます。
  1. 2012/09/02(日) 19:42:19 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/762-b9f81f9f

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。