ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

図鑑コンプリート・破滅と絶望の右腕

P1005153_20120909140325.jpg

ドリス
「第六迷宮最深部にいた裏ボスとの戦いが終わりました。
 弱体化させた後、三人で見事撃破に成功。

 世界樹を狂わせていた元凶を倒したことで
 この地に真の平和が訪れたのです。


 最後の敵を倒した私達ですが・・・


 これからどうするの?」


カリバー
「まあ、図鑑コンプリートして第二エンディングを見ておわりだろう。」


クイン
「今までの冒険から図鑑に穴が開いている部分も結構ありますからね。
 最後はやはりそれでしょう。」


みわく
「むー。
 ついに終わりが近づいてきたのかー。」


ドリス
「なんかさみしくなってきちゃうわね。」


カリバー
「今回、図鑑コンプで気がかりだったのが「QRコード」のクエストやアイテムだったが
 それは図鑑コンプには関係しないようだ。

 まあ、当然だけどな。

 あと、秘法も図鑑には入ってないので関係なし。
 関係あるのは、

 ・全部の敵のデータ
 ・全部のドロップアイテム
 ・全部の食材


 のようだ。
 まあ、取りこぼしているものをひとつずつ片付けていこう。」


ドリス
「いざとなれば解剖用水溶液があるからドロップ品はなんとかなると思うけど
 あまり在庫がないわよ。」


カリバー
「まじめにとれそうなものはとっていこう。
 ではいくか。」


みわく
「おー!」


ドリス
(ひそひそ・・・ねえクインさん。
 カリバーの様子、なんかいつもどおりですね)


クイン
(ひそひそ・・・私も心配してたのですが
 なんともなさそうです)




P1004391.jpg
P1004392_20120909141115.jpg

カリバー
「取りこぼしたものをダイジェストでやっていくぞ。
 まず第一迷宮のボス。
 これは1ターン目で倒せばでる。」





P1004394_20120909141114.jpg
P1004395.jpg

カリバー
「その近くにいる熱砂竜は、毒状態で倒すだったかな。」





P1004396_20120909141228.jpg
P1004397_20120909141228.jpg

カリバー
「第二迷宮のボス。
 呪いの反射ダメージで倒すという難しいものだ。
 ナイトシーカーがいないから呪いにさせるにはアイテムを使用した。
 あとはこちら防具が強すぎるので、全部外して裸状態にする。

 ボスの体力をぎりぎりまで減らしたら呪いのアイテムを使って呪いをかけて
 次元斬を喰らえば完了だ。」




P1004398_20120909141412.jpg

カリバー
「第3迷宮でとってなかったアイテム」




P1004399_20120909141513.jpg
P1004400_20120909141513.jpg

カリバー
「第4迷宮のボス。
 眠らせた状態で倒す。」




P1004402_20120909141556.jpg
P1004403_20120909141555.jpg

カリバー
「南の聖堂にいるカメレオンのボス。
 氷属性で倒す。」




P1004406.jpg
P1004407.jpg

カリバー
「猿のボス。
 混乱状態にして倒す。」




P1004408.jpg
P1004409.jpg

P1004410_20120909141835.jpg

カリバー
「第六迷宮にいるかぼちゃ軍団。
 特定の条件は無く運らしい。」




P1004414.jpg
P1004415.jpg

カリバー
「食材の取り忘れ。」





P1004419_20120909142347.jpg
P1004420.jpg

カリバー
「第4大地のカマキリ。
 石化で倒す。」





P1004416_20120909142347.jpg

P1004421.jpg

ドリス
「こうして私達は次々と取りこぼしたアイテムを回収していきました。
 次々とクエストやアイテム集めが終了していきます。」


クイン
「おや?
 一個だけアイコンが空いてますね。

 そこはすべてのボスをノーマルモードで倒した時に埋まるはずですが
 なんで空いてるんでしょう?」



ドリス
「ああ!確かに変です。
 私達は三人で全部のボスをノーマルモードで倒しました。
 でもアイコンがでていません。

 もしかしてバグ?
 そんなあ・・・」



カリバー
「早とちりするなよ。
 実はまだ倒してないボスがいたんだよ。

 これはオレもうっかりしていたがな。」


ドリス
「ええええ!?
 いた?
 隠れたFOEがいるとか?
 それともクエスト?

 まさかQRコード?」



P1003524_20120909142929.jpg

カリバー
「図鑑で空いてる部分だ。
 何が入ると思う?」



ドリス
「見るからに、巨人のあたりよね・・・。」


クイン
「ああ、なるほどわかりました。」


みわく
「わらわもわかった。
 確かに倒してなかったぞ。」


ドリス
「私もわかった!
 
 巨人の右手ね!


カリバー
「そうだ。
 あの時、確かにオレ達は右手を倒してない。
 倒す余裕がなかったんだよな。

 なので、この右手を倒したら図鑑コンプリートで
 オレ達の冒険は終了する。」


ドリス
「でも、巨人はもうでてこないわよ?
 どうやって再戦するの?」


カリバー
「それはオレも困ってたんだが、
 ある人物がキーになっているみたいだ。

 今からその人に会いに行こう。」




P1004432_20120909144750.jpg

ドリス
「巫女さん?
 どうして彼女なの?」


クイン
「巨人に関係があるからでしょうが・・・」


みわく
「ふーむ・・・。」


カリバー
「さて・・・だ。
 ここで多分アイテムコンプリートと、ノーマル全ボス撃破を同時達成して
 オレ達の冒険は終わる。

 総じて今回の冒険はどうだった?」


ドリス
「そうねえ・・・。
 ウロビト、イクサビト、タルシス、帝国、
 色々な人に出会って、一時は衝突を繰り広げたこともあったけど
 最終的にみんな仲良く落ち着いていい話だったと思うわ。」



クイン
「私は久々に騎士道とはなんなのかを見直しすることができましたね。
 ローゲル戦がやはり印象深いです。

 ローゲルの過ち、皇子の過ち、そして帝国祖先の過ちを正してきました。


 この辺りはカリバー殿がいってた「己が信念を杖に」のくだりといっしょですね。」


カリバー
「そうか、それを聴けてなんかよかったよ。

 では、最後の戦いを始めるとするか。」




P1004433_20120909144750.jpg

P1004434_20120909144749.jpg

P1004435_20120909144749.jpg

P1004436_20120909144749.jpg

ドリス
「巨人を倒したあとでもまだ、巨人の呪いみたいなのに悩まされているのね。
 かわいそうに。

 添い寝ぐらいお安い御用よ!」


クイン
「寝てる間になにかあるということですね。
 私達がきっちり守りましょう。」




P1004438.jpg

P1004440.jpg

P1004441_20120909145354.jpg

P1004442.jpg

ドリス
「これは・・・巫女さんの・・・夢の中?」


クイン
「よくわかりませんが、おそらくそうかも・・・」


カリバー
「現実には巨人はもういないからな。
 夢でもなんでもいいからこんな形でないと再戦できないだろうよ。」


みわく
「わらわもなんか夢の中にとりこまれたぞー。
 相変わらず気球役なので見てるだけじゃー。」


カリバー
「じゃあそこで大人しく見てな。
 オレ達の冒険が終わる最後の戦いだ。

 派手にいくぞ!」




P1004446.jpg

カリバー
「まず右手をきっちりと倒しておく。
 そのままこのダメージが本体にもあたり・・・」




P1004448_20120909145628.jpg

カリバー
「あっさりと精髄をだしてしまった。」


ドリス
「なんて簡単・・・」


クイン
「強くなりすぎましたね・・・」


カリバー
「泣いても笑ってもこれが最後だ。


 長かった戦いよ・・・さら・・・・・・・」





P1004451.jpg

P1004452.jpg

ドリス
「やったわ!右腕を倒してこれで図鑑コンプリート完了!」


クイン
「ついに終わりましたね。」


みわく
「やったぞカリバー。
 これで冒険はしゅうりょ・・・あれ?

 カリバーがいない!


ドリス
「ええ?」


クイン
「そんな・・・一体どこに?」


カリバーの姿を探すドリス・クイン・そして気球役のみわく。
みわくの植物を使った探査能力を駆使してもカリバーの姿は見つからなかった。


みわく
「どこにいったんじゃー。
 姿形がどこにもいない。
 完全に消えてしまった。うわーん!」


ドリス
「そんな・・・まさか、巫女さんの夢の中に取り残された?」


クイン
「夢・・・まさか・・・ナイトメア?」


ドリス
「ナイトメア?」




名称未設定 2のコピー

クイン
「悪夢のことです。

 巫女さんの見る悪夢がカリバー殿を捕まえて離さなかった・・・とか・・・。」


みわく
「うわあああ!
 カリバーが・・・」


ドリス
「どうしたのみわくちゃん!」




P1005147_20120909150256.jpg

みわく
「カリバーが三人いる!」


ドリス
「ええ?
 三人!?」


クイン
「ご丁寧に数字をつけているからわかりやすいけど
 カリバー殿が三人いるみたいですね。


 まさか・・・これはあれがネタなのか?


ドリス
「知っているのですか?クインさん!?」




名称未設定 8のコピー

クイン
「今回の世界樹4のプロローグを思い出してください。

 あの時、キングオブファイターズのネタから始まったでしょう。


 それで思い出したのですよ。
 同じ人間が三人存在するKOFがあったということを!


 そうか・・・ナイトメアギースもKOFにでていたな。
 すべては最初からつながっていたのですよ。」


ドリス
「ど・・・どうすれば・・・」


みわく
「ああ・・・カリバーが危ない!」




P1005148_20120909150710.jpg

P1005149_20120909150710.jpg

ドリス
「なにこれ!
 イモムシなのに滅茶苦茶強い!」


クイン
「おそらく・・・弱体化していない裏ボスです。
 カリバー殿は弱体化しない裏ボスと戦おうとしているのです。」


ドリス
「そんな無茶な!」



P1005152_20120909150840.jpg

みわく
「うわーん・・・カリバーがやられたー!」


ドリス
「どうしてこんなことに・・・」


クイン
「おそらく・・・これがカリバー殿の望みなのでしょう。」


ドリス
「望み?」


クイン
「あの人は根っからの戦闘狂。
 今回、三人で裏ボス撃破まで、なんだかんだですんなりやってしまいました。
 特に裏ボスの弱さは酷かった。


 それで心の中で憤慨したのでしょう。
 このまま終わっていいのかと。

 その思いが巨人の呪いの付け入る隙を与え、
 カリバー殿を夢の中に閉じ込めてしまったのかもしれません。」


ドリス
「どうすればいいの?」


クイン
「悪夢を終わらせなければなりません。
 つまり、カリバー殿が望む、戦闘の結末を迎えること。

 それができない限りは夢の中で戦い続け、
 そして夢の中で死に続けるでしょう。

 モノノフの食いしばりのスキルがある以上、
 ある意味、無間食いしばり地獄!


みわく
「そんなことしたらカリバーが死んじゃう。


 みておれ、今わらわが助けにいくぞ!」





カリバーの運命はいかに。
そしてちくやらギルド、最後の戦いが始まる!



スポンサーサイト
  1. 2012/09/09(日) 15:15:35|
  2. 世界樹の迷宮4 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第6迷宮 暗国ノ殿 B3F 狂気が残せし遺産、神樹を喰らう者 後編 | ホーム | カジュアル弱体化無し裏ボス4人撃破>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/765-b40cbf46

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。