ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第1話・・・IN ANOTHER TIME, IN ANOTHER WORLD

今は昔、世界にちらばる世界樹の迷宮を冒険し、数々の謎を解き、
強敵を打ち倒していた三人組のギルドがあった。


そのギルドはその後音沙汰もなく、その存在は人々から忘れ去られていった。






そんな人々から忘れられたギルドの一人の男が、ひょっこり姿を現したのである。





P1006817.jpg


?「何年ぶりだろうなあ・・・ここに戻ってきたのは・・・。
 ずいぶんうまく似せているじゃねーか。」



一人騒がしく声を発する男がいた。
その男はそのまま街にある冒険者ギルドへと乗り込んでいった。





P1006818_201411301122498a4.jpg


?「久しぶりだなーギルド長!
  ていうか声がついたことで、お前さんの鎧の中の正体が女だとか
  いきなりバレてるじゃねーかwww」



けたたましく笑うその男に、ギルドに登録しにきているほかの冒険者の表情は怪訝だった。



?「まあ似て異なる世界だもの、そういうこともあらあな。
  じゃあ、ギルドの登録をさっさと済ますとするか。」






P1006819_201411301122506cb.jpg


その男の登録したギルド名は「ちくやらギルド」。
その名前に他の冒険者が反応する。



冒険者1「ざわ・・・ざわ・・・」
冒険者2「ちくやらギルド・・・」
冒険者3「まさか・・・あの・・・」



?(お・・・早速気づいたか・・・俺もまだ捨てたものじゃない?」



冒険者4「そのへんな名前でギルドやるのかよ。頭おかしいぜ!」


冒険者ギルド内にどっと笑い声が響き渡る。



?「はー・・・まあ、こんなもんか。
  ここじゃ俺の存在は誰もしらんのよね。
  俺は久しぶりだってのになあ・・・。」




ともかく、その男はギルドの登録と冒険者の登録を済ませたのだった。





P1006820_20141130112253c39.jpg


カリバー
「これでよし・・・と。
 ギルドといいつつ、一人ギルドになってしまったぜ。

 まあしょうがないよな。

 ちくやらギルドはもう事実上解散したからな。

 軽く説明すると、新世界樹1の時に俺達三人は再会したんだが、
 肝心のゲームが酷くてな・・・、知っての通りで冒険記はやらなかったのよ。

 その後、色々俺達の存在意義について議論があって、
 結果、ドリスもクインさんもどこかに行ってしまった・・・というわけさ。

 実際俺もその後は全然冒険してなかったからな。

 というより、管理人が本当にゲームを一切やらなくなっていた。

 管理人は今はゲームをやるより、全国各地を徒歩で旅したり、登山したりと、リアル旅人になりつつある。
 実際、2014年のGWでは「新潟県⇒富山県⇒石川県」を3日で歩いたり、
 夏休みでは、福島県⇒宮城県の仙台まで4日160km歩いたりしている。

 ちくやらギルドの存在は管理人の頭の中からも忘れられていたのよ。

 ただ、9月にモンハン4Gが出てな。
 そこで久しぶりにゲームを再開したのよ。」




P1006708.jpg


P1006712.jpg


カリバー
「見ての通りで、モンハン4Gを遊んでいた。
 武器はソロ性能がそれなりにある【ガンランス】で、
 なんとか大老殿のラスボス的存在である、ゴグマジオスをソロで撃破とかやっていた。

 で、このゲームはひとだんらくついた時に新世界樹2が発売されたので、
 おめおめとちくやらギルドに戻ってきたわけだ。」






P1006823.jpg


みわく
「わーーーーー!

 だからわらわもおるぞー!
 みんな覚えておるかーーーー!」



カリバー
「いちいち登場人物の紹介はしないが、
 ちくやらギルド解散後、こいつだけは俺についてきた。」


みわく
「あのドリスからカリバーを守ったのじゃ!
 お前はもうわらわの物じゃぞ!
 わっはっは!」



カリバー
「・・・とまあ、今まで以上に独占欲が強くなって困っている。
 【その正体は植物の妖怪】という人外設定のキャラで、本来俺より強いからな・・・。」


みわく
「安心せい!
 お前をひとりぼっちにはせぬ!」






P1006822.jpg


カリバー
「というわけで、俺とみわくの二人・・・じゃなくて、一人と一匹でこのゲームを始めてみようと思う。

 しかし、今回のタイトルが

 『世界樹の迷宮2っぽいゲーム』


 となっているが、これほどマッチしたタイトルもないよな?www


 つまり今回は、俺達がかつて冒険した世界樹の迷宮2とは『違う世界』に来て冒険をするという話になる。
 「IN ANOTHER TIME, IN ANOTHER WORLD」とは、ドルアーガの塔のあらすじの一番最初の文だが、
 まあ、そういうことよ。

 
 新世界樹1がクソだっただけに、そのしわよせは当然2にも来たってことで、

 先に断っておくが、管理人はナンバリング待ちの人間で
 新シリーズは認めてない方の人間だから、


割とアンチ視点で話を進めていくので、そのつもりで。」


みわく
「カリバーが毒っぽいのはいつものことじゃがな。」
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 11:44:12|
  2. 世界樹の迷宮2っぽいゲーム 新三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹の迷宮2っぽいゲーム 三人旅改め四人旅「雪月風花」 | ホーム | 第2話・・・ダブルスコンビ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/772-a88f4ef5

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。