ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第18話・・・(火力がないから)アイス・エイジ

P1008714.jpg

ドリスとクインが参加し、
強敵だった雷竜を撃破したちくやらギルドの面々は
なぜか宿屋の娘の護衛任務にあたっていた。




P1008757_20150201155617432.jpg
P1008758.jpg

しかしそれがきっかけで宿屋の娘が単独で迷宮に侵入、




P1008771_20150201155810a7b.jpg
P1008776.jpg

さらには氷竜に連れ去られるという事件が発生した。




カリバー
「というわけで、今回の話は三竜の一角である氷竜戦だ。」


セツ
「冷静に説明してんじゃねえよ!
 女の子がさらわれてんだぞ!」


カリバー
「んなのわかってるよ。
 速やかに氷竜を倒しにいくさ。
 
 で、そのメンバーだが、俺はもうダークハンターに戻らせてもらったので
 パラディン組はクインさんとみわくにでてもらう。」


クイン
「了解しました。これで本当に初陣ですね。」


みわく
「今回も人間モードだぞー!」


カリバー
「そして補助役だが、今回はドリスにでてもらおうかな。
 ためしにでてもらってセツかドリスかを決めよう。」


ドリス
「わかったわ。」


カリバー
「そしてアタッカーだが、今回は俺が出ようと思う。
 理由は、歴代の氷竜を知るものなら、あれがあることを知っているはずだ。」


ユキ
「あれ?」


カリバー
「うむ。
 あれ、とは『ミラーシールド』のことだ。
 氷竜はミラーシールドというカウンター技をもっている。
 これを使ったときに攻撃すると、カウンターされるわけで
 多分酷いダメージをうけると思う。

 やっかいなのは、使ってくるタイミングがばらばらだってことだな。
 発動も速いから先手をとれない限りはミラーシールドにひっかかって
 全滅しかねないというわけ。」



ユキ
「なるほど。
 それだと私だとだめですね。
 カノンスさんだとトラッピングがあるから大丈夫そうですね。」


カリバー
「そうそう。
 トラッピングは敵の攻撃を受けないと発動しないからね、
 ミラーシールドには絶対ひっかからない攻撃というわけだ。

 まずはこれで検証戦をやってくるよ。」


ユキ
「わかりました。
 がんばってください。」


セツ
「なんだよ、俺達のギルドなのに
 留守番なのかよ。」


カリバー
「適材適所だと思ってくれ。
 不要だったら俺ですら出番を外すよ。」


ドリス
「じゃあ行ってくるわね。」


クイン
「何気に四人揃って戦うのは世界樹4以来ですね。」


みわく
「そうじゃー。
 世界樹4で裏ボスをノーマルモードで四人で倒したあの時以来じゃのう。」



詳しくは世界樹4の話を見てください。






そして氷竜と検証戦をするカリバー達だったが・・・






P1008778.jpg
P1008779_20150201160643866.jpg

カリバー
「うお!二、三回目で普通に勝ててしまったぞww」


みわく
「うおー!」


クイン
「完全にパターンに嵌りましたね。」


ドリス
「時間はかかりますが、確実でしたね。」



カリバー
「というわけで、作戦を練りこむまでもなく勝ててしまった。
 やってみた感じだとアタッカーは別に俺じゃなくてもいけそうだった。
 ユキさんでもいける。
 ミラーシールドが拍子抜けだったよ。

 でもまあ、面倒だからこの4名で攻略を書くことにする。」






P1008782.jpg

カリバー
「というわけで、今回は話がすぐ終わりそうだ。
 氷竜戦について解説する。

 雷竜と同じでこいつもドラゴンハートを呼び出す。
 しかもHPが増えていてHPが7500もあった。
 こんなの四人旅ではすぐに撃破無理なので、やはり放置する。

 放置するのであとは状態異常対策を練るだけだが、
 こいつは楽だった。

 劈く叫び⇒物理防御ダウンと眠り。眠りはアクセ、防御ダウンはドリスの歌で相殺。
 クラッシュアーム⇒頭縛り。ドリスだけテリアカαを使う。他は放置。
 氷河の再生⇒ラウダナムで打ち消す。
 ミラーシールド⇒ドラゴンハートを呼んだ次のターンで使ってくるだけ。以後使わない。


 ミラーシールドはもしかしたらドラゴンハートを倒し続けていると
 使ってくる頻度が上がるのかもしれない。
 が、ドラゴンハートは放置するので一度しか使ってこなかった。」




P1008785.jpg

ドリス
「バードによる強化枠はこうします。
 三連牙とクラッシュアームを耐える必要があるので、
 蛮族で最大HPをあげます。
 あとは猛戦曲と守護曲ですね。バードの基本です。」


クイン
「カリバー殿が安心してトラッピングできるよう、
 私も常時フロントガードを使います。」


みわく
「わらわはアイスガード役じゃ。
 雷竜と違って行動がとまるような攻撃がないので安心して使い続けるぞ。」




P1008791_20150201161609805.jpg

P1008792_20150201161604ef5.jpg

P1008793_20150201161606dd4.jpg

P1008794_201502011616079ea.jpg

カリバー
「クラッシュアームはドラゴンハートがでてから使ってくる。
 ドリスは頭縛りされると歌えないのでテリアカαは多めに。

 トラッピングは三連牙とクラッシュアームの二つがあるからそれなりに多段で返す機会は多い。
 ただ、「劈く叫び」のターンだと空振りに終わるので、2~3ターントラッピングしたら
 ドレインバイトを打ち続けるのもいい。」




P1008798_20150201161820b5e.jpg
P1008799.jpg

カリバー
「氷竜のHPが40%あたりを切ると、氷河の再生を使ってくる。
 ターンの最後に1600回復する技だが、ラウダナム以外に防ぐ方法がないのと、
 発動が遅くて、後手で消すことができないから、どうしても1600は回復されてしまう。
 これのせいで戦闘時間が長引いてしまう。」




P1008802.jpg
P1008803.jpg

カリバー
「それでもトータルで見ればトラッピングのダメージの方が勝るというか
 勝らないと勝てないw

 体力が減ってきたらローズプリズンを発動して毒ダメージで稼ぐというのもいい。」





P1008809.jpg

P1008810_201502011620376c9.jpg

P1008811.jpg

P1008812_20150201162217f8a.jpg


カリバー
「そんなんですげえ時間かかったのと、すげえ数のアムリタを使ってTPを回復しつつ
 トラッピングを打ち続けて、ようやく撃破完了だ。」






P1008813_20150201162309fed.jpg

ドリス
「本当に長かったわ・・・。
 初陣の戦いが100ターン越えだなんて・・・。」


クイン
「火力がないのが厳しいですねえ。」


カリバー
「火力がないからアイスエイジってところだな。」


みわく
「うう・・・寒いのう・・・。
 戦い方も何もかも寒かった・・・。」



カリバー
ていうかね、そろそろ我慢の限界に来てるんだが、
 今回はトラッピングが弱すぎるわ。


 その最大の原因はやっぱりグリモアにある。
 グリモア装備でレベル20前提の調整をされているせいで
 トラッピング10の性能が本当に中途半端で泣ける。

 やっぱ全然反撃できないのが悲しくなってくるね。
 元祖だとほぼ全段返すからなあ・・・。」



ドリス
「補助スキルをかけてようやくダメージがでるくらいよね。
 それに対して敵のHPが多く感じられるわ。」


クイン
「そうですね。
 氷竜のHPが50000越えてましたが、
 前作や歴代に比べるとダントツで多いですね。」



カリバー
「こちらの低火力とボスの高HPによって、
 本当に寒い戦いを強いられているんだよ、今回。」


みわく
「ここまでがんばってきたんだぞー!」


ドリス
「大変だったのね・・・。」


カリバー
「多分もうこれ、剣ダクじゃ無理だな。。。
 先を見据えると違うクラスにならないとだめだと思う。

 その辺よく考えておくよ。」





P1008820.jpg
P1008821_20150201163212da1.jpg

無事に宿屋の娘を連れ戻したちくやらギルドの面々。
帰りを待っていて、出番も待っていた正羽兄妹には、検証戦で倒してしまったことをつげて
二人は残念そうにしているのであった。








カリバー
「氷竜戦の動画だ。
 かなり安定して戦えるので、戦闘メッセージをほぼスキップで録画している。
 そうでもしないと戦闘が長すぎて大変だったので。」






以下、ステータスです。





P1008834_20150201163431cab.jpg

P1008835.jpg
P1008836_20150201163429407.jpg





P1008837_20150201163502847.jpg

P1008838.jpg
P1008839.jpg






P1008840.jpg

P1008841_201502011635450f2.jpg
P1008842.jpg







P1008843_20150201163637675.jpg

P1008844.jpg
P1008845.jpg








SSQ2GCARDP1_201502011639088ce.jpg

SSQ2GCARDP2_20150201163910df8.jpg
SSQ2GCARDQR_20150201163909527.jpg


以下は氷竜撃破時点でのギルドカードです。
雷竜、氷竜は倒せましたが、赤竜は・・・。



スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 16:42:04|
  2. 世界樹の迷宮2っぽいゲーム 新三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<第17話・・・新世界樹PART2 帰ってきたふたり | ホーム | 第19話・・・燃える火に棲みつき ひとりぼっち>>

コメント

盾二枚あれば雷竜以外は雑魚ですね、今回の三竜は。
ただレンジャー、バード、パラディンの三人ではグリモアがあってもリソースの問題で無理でした。
私はシリーズ通してアムリタ購入を縛ってるのでw
まあパラディンを外してアルケミストを入れれば解決するんですけどね。三倍起動符があれば盾二枚すら必要ないです。つまらない戦いでしたが。

しかしコアを放置してグリモアなし五人で持久戦した場合
赤竜<<<氷竜<<<(越えられない壁)<<<雷竜
の順の強さでしだが、グリモアあり三人で火力を上げたら全くその逆になってて、なんというか今作の火力至上主義を象徴してるというか。

でもまあ、ストーリーモードのせいでバランスぶっ壊れたと憤慨すると同時に、
ストーリーモードのおかげでレンジャーが強化されて嬉しくもあるので、個人的にはあまり今作をおおっぴらには叩けませんw
だって地味子がこんなに戦闘で活躍してくれるなんて思わなかったもの。
ハルピュイアから赤竜までほとんど朧矢だけで倒してきたからなあ…。
まあ、こんなスタンスでプレイするヤツもいるってことでw


  1. 2015/02/02(月) 08:07:21 |
  2. URL |
  3. 葦 #-
  4. [ 編集]

盾二枚が・・・

そんなのを必要とする三竜の調整にけっこー腹が立ってたりします。。。


>盾二枚あれば雷竜以外は雑魚ですね、今回の三竜は。

いずれ書くつもりですが、私は赤竜がかなり大変でした。
PT構成には頭使ったし、実践するのも大変でした。
まだ録画してませんが、この戦いは間違いなく長いので
どうしようかという感じになってます。
  1. 2015/02/02(月) 21:43:56 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/790-210461fd

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。