ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第19話・・・燃える火に棲みつき ひとりぼっち

P1008869_20150211115129699.jpg


第六層に入り、雷竜・氷竜と撃破して29階の探索に入っていたちくやらギルドの前に
新たな依頼が舞い込んでいた。



ユキ
「詳しい話を省いているので説明はかいつまんでになりますが、
 これは鍛冶屋のソラビトさんからの依頼ですね。」


セツ
「ゴーレム戦の後に手に入れた『朽ちた剣』を打ちなおすのに必要な材料だったっけ?」


カリバー
「それでぶしつけにサラマンドラを倒してこいとな。
 そういや、第二階層でサラマンドラがいたの忘れてたな。
 いつか戦うと思ってたけど、本当に忘れてた・・・。」


みわく
「前に王様の病気を治すために
 羽毛をとりにいったのう・・・。
 あの時の火トカゲじゃ。」


ユキ
「・・・あの時は特にこちらから攻撃しませんでしたが、
 今回は明確に攻撃しないといけないわけで。
 ベビーサラマンドラもたくさんいるのに
 意味のなく攻撃するのは、なんかかわいそうだと思います・・・。」



今回の依頼に乗り気ではないユキ。
それを見てドリスも、



ドリス
「そうねえ・・・。
 確かにかわいそうだわ。
 子沢山なのよね、今回のサラマンドラって?」



クイン
「ああ・・・そういえば元祖世界樹2を見てみたら
 ベビーサラマンダとかいませんね。
 今作で追加されたっぽいですね。」


ドリス
「あの時と比べて子持ちになったのであれば
 女性だと攻撃しづらいわ・・・。」


セツ
「何がんばって女ぶってんだよ。」


ドリス
「なんですって!」


ユキ
「あわあわ・・・ご、ごめんなさい・・・。」


カリバー
「ふーむ・・・話がはじまらんぜ・・・。
 みわくはどうなんだ?
 一応女だろ。」


みわく
「むかー!
 一応とはなんじゃー!」



やいのやいのやってるギルドの面々だったが、
結局倒しにいくことになった。
そのメンバーは・・・



カリバー
「俺とユキさんとドリスとセツの四人でいく。」


みわく
「むー。
 わらわの出番は無しかー。」


クイン
「私もですか。
 今回盾役はいらないと?」


カリバー
「うんむ。
 まー、試行錯誤の話を省いているせいもあるんだけど、
 今回のサラマンドラと戦ってみた結果、
 仲間呼びすぎでとても持久戦ができるものではなかったんだ。


 面倒で写真もとってないが、7ターンくらいまで戦ってみたら
 サラマンドラ本体のほか、ベビーサラマンダが二匹乱入してきたよ。
 それでおのおのがファイアブレスをしてくるから
 パラディン二枚でも辛いことがわかったというわけ。」


クイン
「元祖だと単体のボスだったのに
 また仲間を呼ぶ仕様なのですか・・・。」



ドリス
「何かいろいろ変えすぎよねえ・・・。」


カリバー
「それで短期決戦しかありえなくなったので、
 アタッカーの俺とユキさん、それの火力補助としてドリスとセツの出番となったわけだ。」


みわく
「うーん・・・
 今回わらわは全然攻撃できんからのう・・・。」


クイン
まあ、盾役の私達が攻撃に出ることはありませんからね。
 その人選には納得です。

 では留守番しています。」





P1008870_20150211115131150.jpg

カリバー
「とはいえ、短期決戦で火力を出そうにも
 グリモアがない俺達では本当に難しいので、
 ここは樹海料理も利用することになった。

 この料理を食べると、睡眠中の敵に攻撃しても目が覚めにくくなるという効果がある。

 つまり、俺のヒュプノバイトで眠らせて、ソウルリベレイトとユキさんのフォースブレイクの二発でとどめをさす作戦だ。」


ドリス
「これまた運ゲーね。」


セツ
「本当に大丈夫なのかよ、それで。」


カリバー
「これしか方法ないんだよ。
 運ゲーでもそんな低確率ではないはずだ。」





P1008871_201502111151327dd.jpg

そして8階の大広間にいるサラマンドラと対峙する四人。
戦闘開始である。



カリバー
「それでは早速眠らせに入るぞ。
 こいつは3ターン目にファイアブレスがくるから
 それまでに眠らせられなかったらリセットだ。

 俺以外のみんなは火力をあげるための準備をしてくれ。」


セツ
「わかった。
 ではまずフォース発動してからの防御デバフ、次に鬼力化だな。」


ドリス
「私は猛戦曲をつかって、ブレイバントかしら。
 フォースブレイクの使いどころも大事ね。」


ユキ
「私は零距離射撃を使いますが、ブレイバントで攻撃力もあげておきます。」




P1008872_20150211115126a58.jpg

カリバー
「ヒュプノバイトによる睡眠の成功率はあまり高くない。
 理想は1ターン目にかかってくれることだが、かなり確率は低い。
 七転八起も覚えているので、2ターン目にかかりやすくはなるのだが、
 2ターン目になると、『貪欲な爪』というかなり痛い毒の貫通攻撃をしてくる。」


セツ
「盾役がいないと辛いぜ。
 その場合は俺がフォースブレイクや結界を使って、毒は防ぐ。」


ドリス
「私が前衛に立って防御することで何とか凌ぎます。」


カリバー
「という戦い方もあるのだが、1ターン目に睡眠が入ったので
 それで話を進める。」





P1008873_20150211115127325.jpg
P1008874_20150211122437c26.jpg

カリバー
「2ターン目にユキさんの攻撃準備を整え、
 3ターン目にユキさんが攻撃。
 俺が4ターン目に攻撃してトドメをさす。」





P1008875.jpg
P1008876.jpg

ユキ
「ではいきます!
 零距離射撃からの至高の魔弾、最終決戦付き!」



セツ
「おお、すげー!
 13000ダメージもでたぜ!」


ドリス
「サラマンドラもまだ眠ったままだわ。」


カリバー
「ここが運で、攻撃して起きる場合もあるし、
 ターン終了後に自然に起きる場合もある。

 つまりこの戦いは三つの運を乗り越える必要がある。

 ・1~2ターン目に眠らせる運
 ・一回目の攻撃で起こさない運
 ・一回目の攻撃の後に自然と目を覚まさない運


 グリモアのない俺達だとこれだけのことをしないとこの戦いに勝てないわけだから
 決まれば短期決戦でかっこいいかもしれないけど、
 実際は大変なんだぜ?」





P1008878_201502111224361ee.jpg
P1008879.jpg

カリバー
「それでおきなかったので、トドメのターンだ。
 ここはソウルリベレイトを使う。

 剣ダクハンはソウルリベレイトを使えば火力を出せるという人もいるだろうけど、
 俺はあんまりそういうのは好きじゃないんだよなあ・・・。
 やっぱトラッピングでちまちま削っていくほうが個人的に好みだわ・・・。」




P1008880.jpg
P1008881_20150211122928e1d.jpg

カリバー
「残り体力は半分をきっているというか、HP23000だった。
 すでに13000を与えていて、最初にヒュプノバイトやセツの攻撃で削っているから、
 9000ちょっとぎりぎりじゃないかな。」


ユキ
「二度も戦わずに済むよう、解剖用水溶液も使っておきますね。」




P1008882_201502111229228c5.jpg
P1008883.jpg

カリバー
「では俺にしては珍しい、ソウルリベレイト発射!」


ドリス
「9000ダメージでぎりぎり撃破かしら!?」





P1008884.jpg

カリバー
「おわった・・・。
 無益な殺生だった・・・。」


ユキ
「やっぱりかわいそう・・・。」


ドリス
「うう・・・心が痛むわ・・・。」


セツ
「だから別に演技しなくていいんだぜ?おばさん。」


ドリス
「ちょっとこの子・・・なんとかしてよ・・・(ビキビキ」


ユキ
「えーん・・・ごめんなさいー!」




そして街に戻る四名、それを迎えるみわくとクイン。



P1008905.jpg

ユキ
「わあ・・・。
 レアドロップの素材を売ったら最強の銃ができました。
 ほしい・・・。」


カリバー
「でも高いよ!
 かねがね金がねえ・・・」



みわく
「今回は出番がなくて残念じゃったが、
 植物ネットワークで戦いはみておったぞ。
 カリバーのソウルリベレイトがかっこよくてわらわは満足じゃー!」



ユキ
「ところで、今回のタイトルはどういう意味なのですか?」



カリバー
「えーと・・・なにこれ・・・。
 俺もわかんない。」



クイン
「・・・知ってる人はいないと思いますよ。
 ものすごく古い歌の歌詞ですね。

 今回はあえて答えません。
 調べてみればタイトルの由来がわかると思います。」



セツ
「ボスが仲間呼びすぎで
 全然ひとりぼっちじゃなかったけどな。」



ドリス
「仲間呼びすぎよねえ・・・。」







カリバー
「というわけで今回は以上だ。
 動画も用意しておいたが、なんか管理人が戦い方を忘れてしまって、
 ドリスの最終決戦をユキさんではなく俺のソウルリベレイトに使った場合になってしまっている。
 それでも同じように倒せてしまうんだよねえ・・・。」





カリバー
「以下は今回の装備とスキル。
 アタッカーのみ紹介しておく。」





P1008899.jpg

P1008900.jpg
P1008901_201502111241045b7.jpg






P1008902.jpg

P1008903.jpg
P1008904.jpg






スポンサーサイト
  1. 2015/02/11(水) 12:53:06|
  2. 世界樹の迷宮2っぽいゲーム 新三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<第18話・・・(火力がないから)アイス・エイジ | ホーム | 第20話・・・さらば剣ダク、最後のトラッピング祭り>>

コメント

プリンセスのファイアサークルがあれば素で耐えることは可能なのですけど、プリンセス縛ってるとレベル
キャップ内では厳しいですね。

オトモ呼びボスの中では「耐えて凌ぐ」という選択肢が唯一存在するボスなので、こだわりがなければ中々熱いバトルができるのですが…。
  1. 2015/02/14(土) 22:36:58 |
  2. URL |
  3. 葦 #-
  4. [ 編集]

ファイアサークルじゃなくても・・・

コメント放置して申し訳ございませんでした。


プリンセスは世界樹2にはいなかったので使用対象外でしたが、
ファイアサークルはバードの火劇の何とか曲と同じ仕様だったように思えます(うろ覚え)。

それ一個で防げるならバードでもいけたはずですが、バード&プリンセスともなると
話が変わってしまいます。
  1. 2015/03/01(日) 15:49:23 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/791-58e789b1

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。