ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2016/9/17、万物を刈りしもの と ラミア

前回から思いっきり間があきました。
ニコニコ動画には先に動画だけアップしてたのですが、
こっちを書く時間がとれませんでした。


終盤にいくに連れてどんどん面白くなくなっていくゲームでもあるから
やる気(更新する気)がなくなっていたというのもあるにはあります。



ざっと書いてしまいますね。




●万物を刈りしもの


ドリアードを倒した後に攻略したのがこいつでした。
25階を歩きまくっていると、たまにマップの左下にでるFOEです。
この「たまに出る」というのが本当にランダムくさくて
一日中歩き回ってもでないときがあるから、検証戦するのがだるくて後回しにしてました。

出すなら、ラスボスのいる部屋が敵でないので、
オートパイロットで勝手に歩くようにしていれば、あとは待ってればでます。


ちなみに、初めてオートパイロットを使おうとしたときは
マップパーツにある矢印をひとつずつ置いてました。
世界樹4の仕様ですね。あれと同じことやったら、全然自動で歩かなくて
またバグかよwwwwと勘違いしたものよ。




さて、写真を一枚も撮ってないから箇条書きしますが、


・まず最初に裸族で戦うべき相手ではなかったという点。

・理由は以下の攻撃を回避できないため。

 ① 逆切れ
 ② 算測のジグで命中をあげた後のすべての攻撃


・このボスはターンの最後にランダムで以下のバフを自分にかける。

 算測のジグ    ⇒命中率アップ
 変則のクレズマー⇒封じ・状態異常耐性アップ
 誘避のマズルカ ⇒回避率アップ
 防円のワルツ  ⇒防御力アップ
 突貫のフラメンコ⇒攻撃力アップ

 この中で算測のジグが言うまでもなく裸族の天敵なので
 すぐさま解除が必要。

・解除するにはラウダナムしかなくて、アイテム使用だと敵が先に行動してくるので
 「天恵」による最速使用をする。
 動画では実際にそういう使い方してます。

・しかし、ボスはバフを解除されると「逆切れ」という全体攻撃で自動で仕返ししてくる。
 これに裸族が当たってしまう。

・つまり、どうやっても裸族には被弾するリスクが存在するため
 ひじょうに戦いづらい相手だった。

・特に、HPが減ってから使ってくる、「グロリアスフレア」は多段攻撃で、
 算測のジグが無ければ完全回避可能、算測のジグがあれば被弾して死亡のどちらか。

・加えて、裸族は基本的に喰らわないけど、
 『コンビクション』という貫通攻撃が、みわくとドリスにあたりやすい。
 これは脱兎を使っていても当たることがあり、当たると即死付与が発動して死んでしまうことがある。




つうわけで、迅雷フェンサーにしようかと思ったけど、レベル上げがだるいから裸族のまま戦いました。





録画は本当に大変で、かなり失敗してリテイクを繰り返しました。
他のクエストボスよりも強かったですね。。。









●ラミア

多分、最後に戦うだろうクエストボスです。
縛り攻撃をメインにしてくるので、裸族との相性が悪いだろうと思ってたら
やはり相性悪かった。

バインドスネークが縛り攻撃をしてくるのですが、
裸族の足を縛って回避できなくなったところにラミアの攻撃が来て即死・・・はすぐにありました。

これじゃ裸族じゃ話にならないやんけ!

と、思ったので、縛り対策を練ることに。


すると、すぐに答えが見つかって、「随意の飾り」というアクセサリが有効です。
ラミアにたどり着くまでの道中で一個だけ宝箱に入ってて、
こんなのがあるのか、ってことで気づきました。

このアクセは6階の増殖する悪夢だったかのFOEの条件ドロップか普通のドロップかどっちかだったかな。忘れた。
あのFOEはゾンビパウダーすれば楽に倒せるので、
今回のレベル上げ道場として使える敵です。


でまあ、アクセはすぐそろったので、みわくとドリスは対策は楽にできました。
問題は裸族カリバーなんだけど、ひとつでも装備したら回避率が下がるわけですが、
それはそれで検証してみた結果、実はラミアの攻撃命中がもともと高くないようで、
持たざる者で装備をつけていても回避余裕だったという。



ということがわかったので、どこまで装備しても大丈夫かを調べたら、
装備枠が一個だけ空いた状態でも大丈夫だと判明しました。

そしたらもう余裕で、武器・鎧・アクセを装備して戦えるわけです。


よって、ラミア戦は裸族ではなく「半裸族」で戦うという結論に至りましたとさ。


ここまでをふまえてラミアの情報についてざっと書くと、


・アクセで対策しているけど、破邪も使うこと。この二つで対策となる。

・一番いやらしい攻撃が「ポイズンフレイム」で、テリアカβ必須。
 ただしHP50%以上のときしか使わないっぽい。

・バインドスネークを攻撃すると、ラミアが『蟒蛇の怨恨』というカウンター技を使ってくるので、
 基本的にバインドスネークは全部無視で良し。
 むしろ、このカウンターを使ってくるからラミアからの攻撃はそんな激しくない。
 カリバーがきっちりシャープスラストを叩き込めばいいだけ。

・ただ、死霊が勝手にバインドスネークを攻撃するので、みわくはあまり死霊をださないようにする。

・ラミアのHPが減ると「テイルウィップ」という多段攻撃をするが、
 足縛りされてなければ、シャープスラストと脱兎でカリバーは全回避可能。
 これでリベンジスラストを溜めることができる。

・邪眼⇒命中率ダウンよりも石化がうざい。ただし硬くなるので即死はない。

・魅惑のボディ⇒あのグロイ体で魅惑のボディ言われてもこまる。

・死の抱擁⇒カリバーがレイオブライトあげていれば回避するだけ。

・巻き付き乱舞⇒バインドスネークを放置しているから必ず使ってくるけど縛り対策していれば大丈夫。






という感じで、終わってみればかなり安定撃破が可能なボスでした。
検証して倒したあとの録画は一発で成功したので。




というわけで、これでレベル99まで解放され、
残りは裏ボスだけとなりました。


果たして今回の裏ボスに3人で勝てるのか・・・。



スポンサーサイト
  1. 2016/09/17(土) 09:31:37|
  2. 新世界樹5っぽいゲーム三人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2016/9/4、ドラゴンゾンビとドリアードとNPC | ホーム | 2016/9/18、裏ボス・星喰、アドバンスド四人撃破>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/811-3c57f141

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。